沖での会話#6

February 6, 2019

 

 こんにちは。後期のテストも終わり、暇を持て余しつつ春合宿の始まりが少し楽しみな470スキッパー2回生の北尾です。テーマは「沖での会話」ということでブログを綴らせていただきます。まとまりのない文になるかもしれませんがお許しください。

本題に入ります。まず自分が心がけていること、それは出艇直後に「やーまじでがんばろ」と声に出して言うことです。勿論先輩と乗らせていただくときは「いや、本当に頑張りますよ」みたいな感じで言います。そうすることで自分の士気が上がると共に毎練習クルーの方と力を一つにして頑張っていけるように思います。

続いて自分の改善していきたいところ、それはまだヨットに乗りながら受動的に会話している部分があると言うことです。例えばレースの時などは二人で情報を共有し合うことが重要となります。しかし自分は自分の思うことに自信を持てていない部分が多くあまり思うことを言っていないことが多いです。前のブログでも書いたかもしれませんが能動的にヨットに乗る、これを春合宿の目標にします。無論、練習の時もどの点を重点的に練習したいかをクルーの方と会話して明白にし、毎練習ごとに上手くなったところを増やしていきます。

最後に自分が沖での会話で一番重要だと思うこと、それは共に楽しい時間を過ごすと言うことです。ここで言う楽しい時間とは帆走で周りよりバウを出せた時の喜びの会話やレースで前を走っている時の会話、さらには風待ちの時の他愛もない会話など全てに当てはまります。思えば春合宿の間などは沖で4分の1ほどの時間を過ごします。沖で乗らせていただいているクルーと共に楽しい時間を共有できる、そんな春合宿になれば良いなと思います。

インフルも流行っているので皆さん、体調には気をつけてください。ここまでお読みいただきありがとうございました。 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

11/1〜11/4 第83回全日本学生ヨット選手権大会

November 6, 2018

1/1
Please reload

最新記事

October 30, 2019

October 28, 2019