September 20, 2020

3回生スナイプクルーの河村です。だんだんと涼しい時間帯が増え、出艇にもパドジャケを持っていくか迷うようになってきました。

 今週の活動では、先週末の琵琶湖セーリングチャンピオンシップでの反省を生かし、弱点を補って個人戦予選に向かうことが大きな目標でした。

 帆走練で走り比べのしやすい、安定した北風が吹き、各々のチューニングと向き合うことが多かったように思います。

 また、レースが近かったこともあり、スタート練習ではより実戦的に混んだラインが形成され、密度の高い練習ができていたと思います。

 団体戦予選が迫る中、ひとつひとつのレースや練習で得...

September 18, 2020

3回生470スキッパーの井上です。今回は470チームの練習日である、9月8日〜13日の活動報告をさせていただきます。

9月8日〜10日にかけては中デッキ〜フルパワーまで変化する強弱の激しい風のなか帆走練習をしたのちに11日と12日に行われる琵琶湖セーリングチャンピオンシップに向けてスタート練習やコース練習を行いました。8日と9日はOBの松島氏に来ていただき、セールセッティングの指導やスタートの技術について指導していただきました。忙しい中コーチングに来ていただきありがとうございました。

帆走練習では風が落ちたタイミングでいかに早くスピード...

September 7, 2020

 

こんにちは、二回生スナイプスキッパーの岡本旺成です。新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から片クラスずつの練習となっているので、今週はスナイプの練習について報告させていただきます。

 今週は台風の影響で強風の中での練習が大半を占め、強風の走らせ方、動作を確認することができました。練習内容としては、強風の時は帆走練とマーク回航が中心で、帆走に集中したMaxの艇速と周りの艇を気にしながらのMinの艇速を上げることに重点を置いた練習をしました。個人的には、速い時と遅い時があって、安定して速い上回生に差をつけられることが少なからずありまし...

August 31, 2020

お疲れ様です!二回生470クルーの小島拓巳です。

インカレまで時間が限られているという状況の中で、コロナの影響でなかなか練習ができていませんでしたが、つい先日からやっと練習が少しずつ出来るようになりました!日々ヨットに乗れる喜びを感じております。今回のブログは練習報告ということで、8月27日,29日の470の練習について報告させて頂きたいと思います。ただ今、京大ヨット部は万が一クラスターが発生した時のことを考えて、練習に参加する人数を減らすために、片クラスずつの練習となっております。そのため、470の練習だけの報告となってしまいますが...

August 24, 2020

こんにちは、2回生マネージャーの小川原です。1年前の今頃はちょうど夏合宿で毎日忙しかったなあと思うとなんだか懐かしいです。早く部活が再開して彩雲を乗り回したいですね。

今回のテーマであるマネージャーから見たヨット部についてですが、私から見たヨット部は1人1人が熱意に溢れている部活だと思います。普段の練習はもちろん、クラスミーティングでも毎回白熱した話し合いが繰り広げられています。先日zoomで、なぜ部活をやるのか、勝利を目指すのかについて考えるグループディスカッションが行われ、部員達の思いを知る貴重な機会になりました。ヨットが好きで楽...

August 20, 2020

お世話になっております。三回生マネージャーの地下と申します。先日前期の授業が終了し、あまり実感は湧きませんが、夏休みに入りました。前期の間は、1週間で人としっかり話す機会が大学のゼミとマネミーティングぐらいしかなく、かなり寂しい思いをしていました。たまに同期のzoom会があったりして、楽しかったです。ヨット部の部員とは家族よりも友達よりも多くの時間を一緒に過ごしていたので、余計に寂しく感じます。なんだか琵琶湖も恋しいです。

さて、今回のテーマのマネージャーからみたヨット部について書こうと思います。まず、私からみたヨット部は、本当に部員...

August 15, 2020

お世話になっております。二回生マネージャーの野阪悠美子です。立秋を過ぎても暦上のことと言わんばかりに居座る暑さに参ります。こんな時こそ琵琶湖で練習したいですね、はやく活動が再開できることを心より願っています。

さて、今回は「マネージャーから見たヨット部」というテーマでブログを書かせていただきます。私から見たヨット部は簡潔に言うとみんな優しくて仲良しです。幼稚に聞こえますが、人間関係において優しさと仲の良さはとても重要だと私は考えています。なぜなら優しいことで相手のためを思ってアドバイスができたり、助け合うことができたりするからです。ま...

August 13, 2020

こんにちは、4回生マネージャーの島村です。
このテーマで部活に対して、強い想いを語っている人が多いので、私は少し視点を変えて、部員への気持ちを2つ書こうと思います。
1番始めに思いついたのは、わしゃわしゃしたいです。頭を撫でたいのです。しかし、私にはそんな事できないので、ただ温かい目で見るようにしています。可愛いなと思っているだけなので、そんな私のことも温かい目で見てくれたら嬉しいです。(ドラえもんの顔をイメージしながらニッコリしているつもりです、、笑)
2つめは、マネージャーだけでなく、プレーヤー1人1人の話も聞いて「うんうん、す...

August 12, 2020

お世話になっております。4回生マネージャーの田中です。今回は「マネージャーから見たヨット部」というテーマです。

正直このテーマが決まった時はとても焦りました。私は3回生までプレーヤーをしていたためマネージャー歴が非常に短く、まだ「マネージャーから見たヨット部」像が確立していないからです。なので今回は「プレーヤーからマネージャーに転向して見えた、ヨット部の一面」にテーマを勝手に変更しちゃいます。

私が感じたヨット部の一面とは、ずばり「あったかさ」です。今更なにをという感じかもしれないですがこれに尽きると思います。

プレーヤーをしている時、私...

August 9, 2020

 

いつもお世話になっております。4回生マネージャーの堤です。
 お久しぶりのブログ、今回のテーマは「マネージャーから見たヨット部」です。部活がやりたくてもできない今、溢れるヨット部愛を語ることになりそうです。どうかお付き合いください。

 私にとってヨット部は、家族よりも多くの時間を過ごし、苦楽を共にしたかけがえの無い存在です。暖かく見守ってくださる監督コーチ陣とOBOGの皆様、尊敬できる兄や姉のような先輩方、信頼の置ける同期、可愛くて仕方がない後輩たち。本当に人に恵まれていると日々感じます。どんなに辛いことや悲しいことがあっても、この...

Please reload

September 20, 2020

September 18, 2020

Please reload

最新記事

​カテゴリー

Please reload

アーカイブ

© 2020 Kyoto University Yacht Club