私がヨット部に入った理由 #1

こんにちは。最近ストリームで山中越えしすぎてドラテク上げまくっている2回生470スキッパーの井上大地です。 今回のテーマは「私がヨット部に入った理由」ということで、1年前の新歓期に読んでいたあのブログをついに自分が書く番になったのかと感慨深く思います。 私がヨット部に入ることとなったのは端的に言うと浪人したからです。小中と野球をして高校でテニスを始めたわけですが、テニスにはあまりハマることができませんでした。その時から大学では野球をしようと決めていました。しかし現役では不合格となり浪人することとなりました。浪人生活のモチベーションを保つためのツールとして京大の部活/サークルを調べ始めて京大ヨット部と出会いました。初心者からでも活躍できるということ、そして高校にヨット部があったために親しみがあったことなどから新しいスポーツを始めるならヨットにしようと決めていました。 晴れて大学生となり、現役の頃から考えていた野球と浪人して見つけたヨットの新歓に何度も参加して雰囲気が自分とあっているかを確かめました。その結果体育会として練習に真剣に取り組みつつも、練習が終わると回生関係なく和気あいあいとゲームをしたり談話したりしているヨット部に惹かれて入部を決意しました。 これからどの部活、サークルに入るか悩んでいる人は最終的に雰囲気で決めてほしいです。4年間続けていくことを考えるとただその内容が好きでも周りの人と上手くやっていけないと大学生活そのものが楽しくないものになってしまいます。 以上が私がヨット部に入った理由です。最後までお読みいただきありがとうございました。 

特集記事
最新記事