私がヨット部に入った理由#07

三回マネージャーの南です。いよいよ新歓が始まるということで、私もヨット部に入った当時を思い出しておりました。最後まで読んでいただけると嬉しいです。 私が入部した理由は、最後の学生生活を何か一つ本気で取り組みたいと思ったからです。 四月の新歓期、私はあらゆる新歓に参加させていただきました。そのうちの一つがヨットです。これまでの自分とは全く関わりのない、未知の世界にただただ期待が高まります。試乗会でマネージャーが紫雲(レスキュー艇)を運転する姿に、「かっこいい!!」と一瞬で虜になったのを今でも覚えています。 夜ご飯の鍋の時も、この部ならではのガヤガヤ感、家にいるような居心地の良さを感じました。その時に、同じテーブルに座っていた先輩が「プレイヤーが全力で練習に取り組むから、私達も本気で頑張ろうって思える」と仰っていたのです。スポーツをする上で、プレイヤーだけでなくサポート側もこのような意識を持っているヨット部の姿勢に、私はとても魅力を感じました。その後も沢山の新歓に行きましたが、自分が最後の学生生活を捧げるのは、ここしか無いと思いました。 三年目を迎える今も尚、サポート側として学ぶことが毎日あるこの部はとても魅力的で、素敵な部活だと思います。 以上が私がヨット部に入部した理由です。最後まで読んでいただきありがとうございました。 

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2021 Kyoto University Yacht Club