top of page

第62回七大戦@葉山#2



⚠この文章は青田聡史目線でお送りいたします。

こんにちは。この度470クルーになりました、青田聡史です。先輩たちがこの七大戦で優勝され、そのブログ読みたいな〜と思ってたら、聡史書いてくれへん?って言われて書くことになったので、小学生の作文みたいな拙い文章ですが最後まで読んでいただけるとありがたいです。

1日目。1日目ははたなカーに乗せていただき、神奈川に向かいました。寝たらあかんとずっと思いながら、気づけば夢の中、同乗者には申し訳なくぐっすり寝てしまいました。あっと起きればもう葉山。隣には寝不足すぎて睡蓮花をひたすら歌う金子くんがいました。その後、みんなと合流しようと思ったのですが、うまく合流できず、先輩の車組の6人で江ノ島水族館や、横浜中華街に行きました。そこからホテルに行って、部屋を散策していると、ヒッチハイクで来た樋尻くんと、神谷くんに会いました。その夜、ポジション決めが公園で始まり、第一志望はsnipeクルー一人オーバー、470スキッパー一人不足といった状況でした。snipeクルーの熱い意思もあり、ポジション決定は次の日に持ち越しです。

2日目。2日目は七大戦の1日目でした。僕は声の大きさという点で出艇時のエールを任され、フレーフレーなんとかーみたいなエールを出せる限界の声で出してました。この時点で僕の声ガラガラレベルが50にまであがりましま。その後、同期たちとレースを見ていて、ご飯に行った後、東大主催で7大学の1年生でスイカ割りをしました。この時点で文字数600字!やばい省略しながら書きます!僕は京大の代表として1周目にやったのですが、割れず2周目にやったひじりが割ってくれました。なんだかんだあって声ガラガラレベル80です。この後レセプションで出し物をしたのですが、僕は乾杯の挨拶を急に振られ、なんの面白みもない乾杯コールをしました。その後、僕は京大の伝統を引き継いだネタを書いていて、それをやったのですが、意外と好評でめちゃくちゃ嬉しかったです。あの長いセリフを覚えてくれたひじりには感謝しかないです。この時点で声ガラガラレベル95です。この夜、熱い話し合いの結果、ポジションが決まりました。

3日目。3日目は七大戦2日目で、出艇時のコール2回目で声ガラガラレベル150です。ちなみに、今でも声ガラガラです。その後、東、阪、北大の人たちとビーチに行きました。楽しかったです。本大会で京大は優勝し、先輩のかっこいい姿には感動しました。主将じゃんけんもおもしろかったです。ひじりと十枝さんお疲れ様でした。

っとまあ400字の予定がざっと1000字ということで先輩に謝りながらもう終わろうと思うのですが、大会関係者の方々、素晴らしい大会を開いていただきありがとうございました。先輩方、喜びと感動をありがとうございます。同期たち、七大戦の楽しい思い出をありがとう。

大変長い文章すいませんでした。

以上、七大戦のブログでした。

Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page