top of page

私がヨット部に入った理由 #4


お世話になっております。新2回生で470クルーの野本集太です。今回はヨット部に入った理由について一年前の自身の体験を元に書きます。ちょうど新歓期の今、大学に入って様々な新しい刺激を受けて日々を送る新入生たちの部活・サークル選びの一助になればと思います。

中学三年間と高校一年間を野球部で、残りの高校生活を写真部で過ごした僕は、「大学では新しいことに挑戦したい」と思っていました。入学当初は軽音サークルや京大らしい面白いサークルの新歓に足を運んでいましたが、どれも入るには至らずいよいよ4月も下旬にさしかかり所属先の決まらない状況に焦りを覚えていました。その時、ある新歓で出会った鈴木亮太郎という男に「しゅうたならヨットで活躍できるよ!」としきりにヨット部を勧められて、その流れで試乗会に行ったのが始まりでした。

ヨット部の入部理由については、その一回の試乗会に全て詰め込まれていたと思います。

・人数がとても多く様々な出会いがあると思ったから(おもろい人、天然な人、怠惰な人など様々な人がいて楽しい)

・雰囲気がとてもいい中で全国のヨット強豪校に勝っていくプロセスとそれを可能にするチーム力に魅力を感じたから(野球をしていたためか高い目標にめがけて真剣に取り組んでいくことを望んでいた)

・ヨットは、体格、技術だけでなく戦略も大事な奥が深い珍しいスポーツだと知ったから(大学生でしかできないと思えた)

・純粋にヨット乗ってて楽しかったから(今でも乗ってる時が一番楽しい)


このような考えから、自分の中で入らない他はないと思い入部に至りました。もっと早くヨット部の存在を知っていればと思いました。一年経った今では素晴らしい友人もでき、想像以上に充実した大学生活を送れています。新入生の皆さんもぜひヨット部の新歓に来てみてはいかがでしょうか?


拙文をお読み頂きありがとうございました。

Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page