ヨット部を引退して #13



第85代主務兼470クルーを務めました渡辺力です。奈良から5回ぐらいブログの催促をされました。ごめんなさい。


引退ブログという事なので、今年1年の思いを綴らせていただきます。今年は昨年度からスキッパー1人、クルー1人が抜けただけで、インカレを経験したメンバーが数多く残っていました。またクラスリーダー主導で遠征を増やしコーチングもしてもらい、今年こそはクラス入賞絶対すると意気込んでいました。その思いで練習に取り組んでいた矢先に活動自粛要請が下りました。

自粛期間も色んな有名なセーラーのミーティングにできるだけ参加して知識を蓄えていましたが、他大学が自分達より先に活動を再開していく様子をSNSで眺める事しか出来ずに焦りが募っていくばかりでした。

本格的に活動再開出来たのはほぼ9月からで、団戦予選まで1ヶ月しかありませんでした。活動再開後、練習の度に成長を感じていましたが、レースでは力及びませんでした。

団戦予選1日目、古澤藤田ペアが順位を崩し、自分達が交代することになりました。団戦予選という艇数の少ない中、見通しをちゃんと見てスタート出来たと思っていたら、リコールしてしまいました。団体戦において1番してはいけない事をしてしまったと今でも後悔しています。ここから悪い流れを断ち切る事が出来ずに京大は4位という結果で予選敗退しました。

昨年から殆どメンバーが変わらず、レース経験も豊富なはずなのに。クラスリーダー主導で色んな新しい取り組みをしてきたのに。まさか予選敗退するとは思っていなかったので、受け入れられないというか信じられないような気持ちでした。何よりもう皆んなと一緒に練習出来ない、スナイプチームと一緒に本戦に行けない事が寂しく悲しかったです。

練習不足と言ってしまえばそれまでですが、短い練習時間の中でもっとプレイヤーとしても主務としても出来ることはあったんじゃないか。去年、松島さんからもっと学んでいたらよかったと色んな後悔が募ります。


この引退ブログを書いていてネガティヴな事しか言ってないなと自分自身思いますが、ヨット部に入った事は全く後悔していません。前で走れたレース、全然走れなかったレース、何気ないスマブラ、艇庫飯、遠征全てがかけがえのない思い出です。何よりこれらを全てをかけがえのない思い出に昇華さしてくれたのは、苦楽を共にしてきたチームメイトのお陰です。


最後になりましたが、今まで一緒に活動を共にしたチームメイト、主務としてもチームとしても最後まで見守って下さった監督コーチの皆様、ヨット部の活動を支援してくださるOB会、スポンサー、大学関係者の方々全ての皆様に感謝を申し上げます。4年間ありがとうございました。

特集記事
最新記事