今年を振り返って#7

こんにちは、新3回生マネージャーの島村優花です。今回のテーマ「今年を振り返って」について書かせていただきます。 今年を振り返れば、新歓、琵琶湖周航、夏合宿、個人戦、インカレなど、いろんなことをしてきました。 特に去年と変わったのは船舶免許を持ったマネージャーとして遠征に参加させていただいたことです。初めて海で運転したのは個人戦が行われた若洲でした。沖からディズニーシーが見えると聞いてワクワクして迎えたその海は、端的に言うと甘かったです。一方、波は琵琶湖と比べられないくらい高く、必死にゴムボートの紐を掴んでいました。私が運転する番になると、上手く進めずバウ先に乗っていた先輩方に大量の波を浴びせてしまいました。波に合わせながら進むことができなかったからです。ランニングの角度では、サーフィンのように上手く波に乗せようとするのですが、スピードがつきすぎたり、タイミングが難しかったりでなかなか思うように運転することができませんでした。 海は琵琶湖とは全く違いました。いうていけるやろと思っていた自分が若洲の海のように甘かったです。 確か3日目くらいだったと思います。波に対してアビームくらいの角度で進んでいたときにゴムボートから落ちました。川の流れがあるところで落ちたので、流されるんじゃないかと思いながら浮いていたら、私が落ちたことにすぐ気づいてゴムボートで助けに来てくださいました。レスキューに助けてもらうプレイヤーの気持ちが少しわかったような気がします。ゴムボートがこっちに向かってきてくれる時、とても安心しました。 そんなこんなで個人戦が終わり、個人戦独特のレスキューの動き方や、海での運転の仕方を学んで琵琶湖に帰ってきました。 これからは、琵琶湖と違う試合会場でも、ここはホームだと言えるくらい早くそこ特有の海面の状況を掴んで琵琶湖でやるときと同じくらいのレスキューをできるようになりたいと思います。また、琵琶湖の日々の練習でも、今求められているレスキュー力のその上のことができるように勉強していきたいです。 拙い文章でしたがここまで読んでいただきありがとうございました。 

特集記事
最新記事