新体制をむかえての意気込み#10

 こんにちは。京都大学新4回生スナイプスキッパーの綱井です。現役最長老がこのテーマのブログのラストを務めさせて頂きます。宜しければ最後までお付き合いください。  さて、新体制を迎えての意気込みというわけですが、僕は最後の一年後悔の無いよう全力で楽しみながらヨットに乗りたいと思っています。ありきたり過ぎて色々別なのを考えましたがやはりこれに尽きると感じます。そして、僕たちの先輩方がそうであったように、少しでもヨットの楽しさ、奥深さなどを走る姿で見せられるようになることを目指します。これが僕の抱負です。  この一年はなかなかに挫折の多い年でした。上手く結果が出ず、ヨットを楽しめない時期がありました。モヤモヤしながらヨットに乗ると当然走れないし、ケーストラブルも起こしてしまいました。そうしたことがまた気持ちを滅入らせるという悪循環にあったように思います。半年をかけて、先輩の助言もいただきながら、今自分にできることを考え取り組むことで少しずつそういった循環から抜け出してきました。自分が生み出した逆境の中でどう立ち向かい精神的にどう克服するか、この期間は僕の中でそういった学びを与えてくれたようにおもいます。 キーワードは、「ヨットを楽しむ」ことです。みんな同じことを書いてるのであれなのですが、やっぱりこれが一番だと思います。今が一番僕はヨットを楽しめていると思います。これから色んな競争もありますが、まずはヨットを楽しむこと、これを理解したからだと思います。  今年のインカレの舞台で先輩達が華々しい成績を残す中で、僕たちスナイプ同期の大半は各々が様々な感情を抱いていたと思います。僕自身は純粋に嬉しい誇らしいという気持ちだけではありませんでした。来年は僕たちがあの舞台に立てるよう、最高の笑顔で引退できるように、今はとにかくヨットを最高に楽しみながら全力で突っ走っていきたいです。 長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。 84代率いる京都大学体育会ヨット部へこれからも変わらぬご声援ご支援を何卒よろしくお願いいたします。 

特集記事
最新記事