[短期リレーブログ] 私の好きな〇〇 #2


こんにちは、新4回生スナイプスキッパーの大山です。ついこの間まで雪の中にいたはずが、梅が咲き、桜が咲き、時のはやさを感じております。今回はリレーブログかつお題が自由なテーマということで、気楽につづっていきたいと思います。

 この1年、ヨット部としての活動がかなり変わっただけでなく、普段の生活もかなり変化しました。1日オフが生まれたら、気になる建築を見に日帰りでひとっとび!みたいな過ごし方をしてきた自分にとっては、気軽に出かけられない期間はかなり苦しいものでした。しかしそんな中でも、自分なりにささやかな幸せを感じる暮らし方をいろいろ見つけたので、好きな自粛期間の居場所ランキングを発表したいと思います。


1位 おだやかな初冬の河川敷

みなさん河川敷は好きですか?僕はとても好きです。一日中いれちゃいます。風があって、水が流れていて、人がいろんなことをしていて、空が広く見えて。自粛期間、いろんなところに散歩して心地よくくつろげる場所を探しましたが、落ち着いたのは家から少し離れたところにある河川敷でした。夏の暑い日に風を浴びて水に足をつけているのも気持ちよかったですが、自分は少し暖かい冬の日の河川敷が一番のお気に入りです。まず日向を求めて歩きます。冬は日向が命なので、長い間いるときは移動しながら心地いい日の当たる場所を探します。冬の太陽は優しいので、そのパワーをもろに感じているだけで元気をもらえます。本を読んだり、写真を撮ったり、絵をかいたり、縄跳びをしたりします。人間観察もよくしました。河川敷にはいろんな人がいます。平日の昼間はおじいちゃんおばあちゃんが9割5分を占めていて、こんなにいたのかというぐらい河川敷に集まっています。走る人、ストレッチする人、寝てる人、釣りする人、いろんな人がいて面白いです。夕方になると学生が少し増えて青春し始めます。手をつないで下校するカップルが微笑ましいです。とにもかくにも、冬のはじめごろの河川敷は太陽さえ出ていれば最高な居場所になります。外でzoom授業を受けすぎるとすぐ通信制限にかかるのでそこだけ注意ですね。雲が流れているのとか、鳥が飛んでくるのとか、だんだん空が赤く染まっているのとかをただ見ているだけでちょっと楽しいですよ。


2位 my room

 自粛期間、一番時間を過ごしたのは自分の部屋でしょうか。去年からはかなりいろいろなものが変化しました。A3プリンターが置かれ、ノートパソコンとデスクトップが並び、模型製作用の机が置かれ、完成した模型が並んでいます。作業部屋と化していますね。そして、去年はかなりの数の本を買ったので、そのラインナップが更新されていきました。場所ごとに手に取りやすさが変わるので、勝手に1軍、2軍といった感じで本が新陳代謝されていきます。自分のいま興味が向いている先がどこにあるのか、本棚をみればなんとなくわかることに気がつきました。自分の部屋など誰も興味がない気しかしなくなってきたので、この辺にしておきます。


3位 ランニングコース

 時間があるときはなるべく走りにいくように心がけていたのですが、毎日同じランニングコースを通っていると結構おもしろいことがあります。ひとつは、植物や動物たちの変化を感じとれることです。初夏の草の伸び具合は自分の想像を超える勢いで、日ごとに成長を感じさせられます。冬の木々は毎日同じように痩せこけているかのように見えて、まだ寒い時期から少しずつつぼみを膨らませていたりするんですよね。落ち葉が土にかえっていくまで結構かかることが分かったり、ちょっとその場所と仲良くなれた感じがします。公園も多いので、ふらっとブランコに揺られてみたり、足つぼの道をおじさんたちと回ったりしました。大人も公園で遊べる時代がこないかなあなんて思ったりしています。


番外編 sit on the窓

 居場所というほどではないですが、一度だけ特別な快感を覚えたところがあるのでそれを紹介して最後にしようと思います。友達と設計コンペに取り組んでいたとき、友達の実家で作業をさせてもらうことになり、何度か通っていました。その家にはいろんな種類の窓がついていて、滑り出しの窓もあったのですが、ある夕方その窓から足を出してぶらぶらさせているとものすごい気持ちよかったです。3階の窓から身を乗り出すという感覚が新鮮すぎて、踏み場なくぞくぞくしながら風に当たる足がなんとも言えない心地よさをもたらしていました。ぜひみなさんも体験してみてください。


 長々と自粛期間の個人的な過ごし方に関してお話させていただきました。読んでくださりありがとうございます。次の担当は、新3回生の岡本くんです。きれいな動作とすさまじい吸収力、向上心の塊みたいな彼は、スナイプチームの期待の星です。どんな話をしてくれるのでしょうか。どうぞご期待ください。それでは、今年も一年、目標達成に向けて精一杯取り組んで参りますので、よろしくお願いいたします。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2021 Kyoto University Yacht Club