思い出のレース #25



お世話になっております。4回生470スキッパーの中辻です。久方ぶりのブログですが、今回は「思い出のレース」ということで過去のレースを振り返りました。


いくつか印象深いレースはあるのですが、今回はダブルハンドに乗るようになって、初めてのレースだった新人戦についてお話ししようと思います。もう3年弱も経つので、記憶がかなり曖昧ですが、このレースでは同期のスキッパー4人で1つ上の代のクルー3人と、1レース毎にクルーも船も乗り替わりながらレースを行なっていました。

ピリピリとしたようなレースではなく、かなりゆるい雰囲気のレースで、まだ乗りたての頃なので、不慣れでスタートなどもひどいものだった気がしますが、楽しくレースをできていました。


しかし、途中のレースから不穏な空気が漂い始め、三井寺の爆風が入ってきました。一気にオーバーコンディションです。到底走ることは出来ず、クルーを何度も落水させながら、必死に上マークを目指しました。角度を取って走ることなどできず、上マークまでが死ぬほど長く感じました。やっとのことで上マークに辿り着いたのですが、そこで事件が起きました。上マークでベアをする際にメインを抜きすぎたのか、ハイクアウト から戻れなかったのか、何が起きているのか理解できないまま一気に落水してしまい、何にも捕まっていなかったので、ヨットから離れてしまいました。必死に泳いでヨットに戻ろうとするも風が強く、近づくことができません。写真はその時になんとか泳いで手を伸ばしてあと20cmほどのところで手が届かなかった悲しい瞬間です。結局レスキューに拾われてヨットに戻り、リタイヤしました。


ハーバーに帰るまでの時間、クルーの奥山さんに何度も優しい言葉をかけていただき、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

1回生も沈したり、落水したりすることもこれから沢山あると思いますが、漂流しないように気をつけましょう。強風で漂流してしまうと危険なので。


これからも大事なシーズンが続きます。1回生も多く部員数もかなり増えましたが、チーム一丸となり、気を引き締めてレースへ向けて頑張っていきたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square