京大ヨット部を引退して #10


お久しぶりです、旧4回生470スキッパーの織田です。最後のブログを書く時が来てしまいました。提出するのが大変遅くなってしまい、申し訳ありません。

私は最後の1年間、殆ど部活に関わらなかったので、このブログでなにを書けばいいか悩みましたが、最後のブログはお世話になった方々への感謝を書こうと思います。

京大ヨット部の魅力の1つは、色んな考えを持った部員が沢山いることだと思います。しかし、考え方は違えど、悩んでいる部員に対し真摯に向き合う部員が多いという点も、京大ヨット部の大きな魅力だと思います。私はこの4年間、多くの方々に助けられてきました。強風の克服を諦め、軽風要員か退部か悩んでいたとき、先輩が女子インに出るよう勧めて下さりました。女子インでの経験は非常に刺激的で、私のヨット部生活は一変しました。3回生の最後まで、レギュラーとしてインカレで活躍することを目標に頑張ることができました。神谷コーチや男子プレイヤーも、強風について相談すると自分のことのように一緒に考えて下さりました。後輩と切磋琢磨できたことも、私にとって非常にありがたい経験でした。また、最後の一年は、監督、コーチ、OBの方々の偉大さを思い知りました。

私はヨットのセンスもなく、教えていただくことが多かったため、一方的にお世話になることが多かったと思います。最後の一年はこれまでいただいた分をお返しする年にしたかったのですが、それが殆ど叶わず、それだけが心残りです。

繰り返しになりますが、4年間、本当にありがとうございました。後輩の皆さん、私が思う以上に多くのことを悩んでいる方も多いと思いますが、最後までヨット部生活を楽しんでください。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2021 Kyoto University Yacht Club