85代での抱負 #35

February 11, 2020

 

みなさんこんにちは。85代でスナイプリーダーを務めます太田です。前回のブログがいつだったかを覚えてない程には久し振りにブログが回ってまいりました。駄文とならぬ様書き上げるので、最後まで目を通して頂ければ幸いです。
オフ明けまで半月を切り、春合宿が近づいております。テストも終わり旅行に行ったり、免許合宿に行ったり、バイトしたりと各自のオフを満喫してることかと思います。オフ明けから精一杯部活に取り組めるよう、今はしっかりオフを楽しみましょう。


さて、今回のテーマが「85代での抱負」ということですので、自分の抱負について書かせていただきます。
自分の抱負は「最後までチーム全員が本気になれること」です。本気になれる環境を作ると言った方が正しいかもしれません。

85代スナイプチームのクラス目標は全日本インカレでのクラス優勝、京大ヨット部の目標は全日本インカレでのメダル獲得ですが、この目標を立てるにあたり、この1年間で何を最も大事にしたいかということを考えました。

大会の持つ意味も分からないまま気付けば終わっていた1回生の福井インカレ、レースメンバーとして出場し準優勝を掴んだ2回生の蒲郡インカレ、そしてサポートメンバーとして臨み優勝を勝ち取った昨年の西宮インカレ、その3つのインカレを思い返した時、自分にとって最も心の躍る景色は西宮インカレでハーバーに帰ってきたときのスロープでした。レースメンバー、サポートメンバー関係なく自分達のチームが出した結果に心から喜べるチーム。そういったチームが自分の目指したいチームだと思いました。

そして、もう一度その景色を見るために何が必要かと考えた時、やはり最後まで自分の実力に向き合い、最後までレースメンバーを目指して努力し、最後までインカレでクラス優勝し、総合のメダルを獲得している自分のチームを本気で信じることのできる、そういったことをチーム全員が本気でやりきることのできるチームがやっと全国で優勝を争う土台に立てるものであり、それを成し遂げて優勝したとき、きっとその景色を見ることができると信じています。
またその景色を見れたとき、昨年日本一のスナイプチームだった京大スナイプを超える日本一のスナイプチームになれてると信じています。
またそう信じさせてくれるのは、引退した今も指導して下さるコーチ陣を始めとしたOBさん方、自分達が優勝できると本気で信じている同期、後輩達がいてくれるおかげです。そんな人たちに囲まれてスナイプリーダーをやれる自分は非常に幸せであり、最高の舞台にいます。そんな最高の機会を与えてくれた周りのみんなに感謝し、最後まで本気で優勝を目指して行きます。

こうして日本一を目指せる環境にあるのも、日頃よりご支援・ご指導頂いているOB・OGの皆様、保護者の皆様ならびに京大ヨット部を応援してくださる全ての方々のおかげです。この環境に感謝しながら、みんなで優勝を目指していくので今後とも変わらぬご支援・ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

11/1〜11/4 第83回全日本学生ヨット選手権大会

November 6, 2018

1/1
Please reload

最新記事

October 19, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2020 Kyoto University Yacht Club