top of page

88代幹部 再自己紹介#5 小澤諒真


お世話になっております。88代470リーダーを務めます、小澤諒真です。私は滋賀県の膳所高校出身なのですが、470リーダーが3年連続膳所出身者ということで方針に偏りが生じないか若干の不安がありつつも、一方で来年度リーダーができる膳所出身者がいないことに一抹の寂しさを覚えています。


さて、ブログテーマは幹部再自己紹介ではありますが、私は初の自己紹介ということで高校時代まで遡ってお話していこうと思います。私は膳所高校でヨット班に所属していました。膳所高校は4年生がS台京都校で過ごすことが慣例なのですが、当時同期であった南野と古澤は飛び級で京都大学に合格し、私は一年遅れで早稲田大学に入学しました。早稲田大学ヨット部は全日本インカレ総合三連覇中の覇者であり、私は半年ほどではあるのですがこの早稲田ヨット部の末端構成員として活動し、その後三年次編入学という形で京都大学に入学しました。二度で合計二年超のブランクがあり、当時の本音としては全国で戦うビジョンがもう見えなかったので競技の再開は厳しいと考えていました。しかし、一度部活に顔を出してみるとやはりヨットの楽しさに魅入られ、三度目のヨット競技への取り組みを決意しました。


膳所高校ヨット班といえば京大ヨット部の上下関係を破壊することに定評があるのですが、私は編入学という真新しい角度から上下関係を歪ませることに成功しています。かくかくしかじかで高校時代の後輩の畑中とは大学の同期としてタメ口の関係になり、畑中=小澤かつ小澤=南野でありながら畑中≠南野というびっくり推移律を成立させました。一回生は学年の把握にさぞ苦しんだことでしょう。


そんな私はこの部に来てまだ一年も経っていないのですが、ご縁があって470リーダーを務めることとなりました。昨年度は全日本インカレへの出場機会をいただき、ヨットの楽しさを、勝利の嬉しさを、この肌で味わうことができました。だから私は、この感覚をまた新しいメンバーで味わうため、そして自分自身も更なる喜びを知るため、チームを勝たせることに全力を尽くしていきたいと思います。至らぬ点も多いと思いますが、よろしくお願いします。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page