top of page

470夏遠征


平素よりお世話になっております。3回生470クルーの浅井遼哉です。今回のブログでは愛知、宮城、神奈川と全国各地を転々とした夏の遠征について報告させていただきます。


まず8月18日から9月3日にかけて私たちは愛知県の蒲郡市で遠征を行いました。蒲郡では3-4mほどの風が多く吹き、程よい三角波がたっていたため、ランニングのサーフィング技術を向上することができたのではないかと思います。また、蒲郡では多くのトップセーラーをコーチングされてきた三船和馬氏によるコーチングを受けさせていただき、全日本学生ヨット個人選手権本戦にも出場させていただきました。コーチングや個人戦本戦を経て、あらゆる風に対するセールセッティングの仕方やビッグフリートでの戦い方などさまざまな知見を得ることができました。


次に9月5日から9月10日にかけて宮城県の閖上ヨットハーバーで行われた全日本470選手権に出場しました。閖上の海面は大きなうねりを伴っており、琵琶湖育ちの私たちにはハードなコンディションとなりましたが、苦戦しながらも走り方を模索し、大きく成長することができたのではないかと思います。また、大会には世界で活躍するトップセーラーが多く出場されており、トップセーラーのスキルを間近で見ることができ、大変学びのある大会となりました。


9月12日からは神奈川県の江ノ島ヨットハーバーへと移動し、私たちが苦手とする強風波ありコンディションの克服を目指して練習を行いました。江ノ島では毎日10m付近の強風が吹き、ハーバーから出艇禁止とされることも多々ありましたが、限られた時間の中でも強風での帆走力を確実に向上することができたのではないかと思います。


最後に、本遠征を完遂できたのは保護者の方々やOB、OGの方々による多大なご支援、ご声援をいただいたためです。この場を借りて感謝申し上げます。インカレ本戦まで残りわずかとなりましたが、引き続きご支援、ご声援をいただければ幸いです。

Comentários


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page