2022 琵琶湖セーリングチャンピオンシップ



お世話になっております。3回生スナイプスキッパーの鈴木優志です。今回は6/11,12に行われた琵琶湖セーリングチャンピオンシップについて報告させてもらいます。


初日は午前中風が安定せず午後からのレースになりましたが下デッキ〜オンデッキの東風で3レースを消化しました。自身としては東風でのレースはあまり記憶になく振れが激しい中での難しいレースでしたが、スタート後の帆走や、上アプローチの仕方、マーク際の声かけに課題点が見つかり反省すべき所も多く残る3レースとなりました。


2日目は西〜北風でオーバーから一時は下デッキまで落ちる風の中で3レース消化しました。2日目は1日目で出た課題点を特に意識しながら臨みました。満足のいく結果とはなりませんでしたがスタート、上アプローチでうまくいった所もあり1日目と比べて実りの多いレースとなりました。また、リコールしたと思ったスタートが2個あったのですが両方とも出ていなかったらしいので、自分が思っている以上に思い切ってスタートをしても良いという事を学びました。


ここからプレ、個戦予選と重要なレースが続いていくので引き続き気を引き締めてレースに臨んでいきたいと思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square