85代での抱負 #30

February 2, 2020

 

こんにちは。新二回生スナイプクルーの能津です。ブログテーマ85代での抱負ですが、僕は多くのレースに出たい!でいきたいと思います。実をいうと、僕は去年同期との間に温度差を感じていました。コミュニケーション的というよりかは、少なくともヨットにかける情熱、エネルギー量的なものがなんか違う。みんなパカパカ自主練に行く。平日は授業を切って行く、オフ期間中も毎週自主練に行く。風が無くても出たい人がいる。本当に凄いことです。活気があって向上心があって、こういう人たちが集まっているからヨット部は強くなれているんだなと心から思います。

それに反して僕は去年1年、普段の練習で周りの人のように「ヨットに乗りたい!」という強い欲求に掻き立てられて練習していたわけではありませんでした。先輩からセイルトリムやヒールトリムについて教わって、タック動作がうまくなって、ランチャーの上げ方を工夫して、最初は訳わからなかった細かいシートもいじれるようになって、できなかったことができるようになることはすごく嬉しいし楽しいものだったけど、でも言ってしまえばそれだけでした。別のベクトルで自分なりにヨットは好きだと思いますが、乗っていれば何が何でも楽しいわけじゃなくて、だから気にしていたのは温度差が態度に悪く出ちゃって周りのモチベを下げることだけは嫌だな、ということでした。

しかし11月のプレプレというレースは非常に良かったです。結果こそ新人戦と同様先輩スキッパーの足を引っ張って終わりましたが、今回は自分が練習してきたこと、身についたことの意味が感じられ、終わった後は練習したい気持ちがかなりありました。要するに僕は、(残念ながら)ヨットに乗ること自体が強烈に楽しい人にはなれなくて、あくまでゲーム的な勝負ごととして楽しい人だった訳で、しかもこと勝負事に関しては勝ったら嬉しいが負けてもそれはそれで楽しいタイプでした。ヨットは重要な部分が自然に依存しているので、ゲーム的には乱数が入ってくるシミュレーションゲーム的なイメージがあって、僕のポジションであるクルーには自分のできるベストを尽くしながらしかもそのランダムに対応できるように走ることが求められている気がして(勝手にしてるだけですが)それができるようになること、それをレースで発揮できるようになることが僕の練習のモチベです。

自分のやっている日々の練習がちゃんとレースに反映されているのかを知るためにも、定期的にレースをすることが自分には大事らしい。というわけで、僕の85代の抱負はレースに出たい!です。あと後輩ができるの、結構久しぶりなので今から楽しみです。 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

11/1〜11/4 第83回全日本学生ヨット選手権大会

November 6, 2018

1/1
Please reload

最新記事

October 19, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2020 Kyoto University Yacht Club