85代での抱負 #19

新三回生470スキッパーの角岡あかりです。 オフまっただ中ですが春合宿に向けてということもあり、ここで改めて今後の自分のヨット部における方針を「85代での抱負」という形で述べさせていただきます。 今年の私の軸は「楽しむこと」と「自信を持つこと」の二つです。 まず、「楽しむこと」について。昨年を振り返るとヨットレースは楽しんで臨むことができていましたが、正直練習自体を楽しむことはあまりできなかったように思います。そのためレースシーズンが過ぎると練習を億劫に思ってしまうことも多くあり、連鎖的にその思いがモチベーションの低下にもつながり、いつしか結果を出している自分を想像することもできなくなっていました。しかし初心に戻ると、そもそも私はヨットに初めて乗った時、「なにこれ楽しい!これを乗りこなせるようになりたい!」と思い入部を決めたのです。マイナスな思いだけでは絶対に結果は出ないし、何よりも4回生の秋に清々しい思いで引退することもできないと思いました。レースだけでなくその日その日の練習自体をいかに楽しむかを考えるようにし、その結果としてボートスピードの向上や、ヨットをやりきったという達成感にもつなげていこうと思います。 そして「自信を持つこと」について。去年のレースシーズンでの反省の一つに自信のなさがあります。技術面についてもですが、特に大きかったのがルールについてです。ルールを分かっていれば攻めるべきところで攻めることができるし、違反している相手に惑わされることもありません。単に知識があるかないかでレース展開が全然違ってくるのでルールはとても大切だと思います。今までは別個のケースについて知っているぐらいで体系的には理解していなかったので、初めての状況に直面した際に、もしかしたらルール違反かもしれないと思い守りに入ったコースしか引くことができませんでした。ルールをしっかりと身につけ自信をもった走りにつなげていこうと思います。 この二つを忘れず、86代に向けても悔いのない1年にしたいと考えています。 最後まで読んでくださりありがとうございました。 

特集記事
最新記事