85代での抱負 #7

December 27, 2019

 

                                          85代での抱負
新3回スナイプスキッパーの大山です。20歳になってより一層物忘れが激しくなったようで、先日の九州遠征でも、着艇後にネックウォーマーをなくしたと思って騒いでいたら、実は一日中首につけていたなんてことがありました。重症です。ちなみに、個人的な2020年のテーマは「自分と向き合い、自分の気持ちに素直になる。」に決定いたしました。どうでもいいですね。
 さて本題に入りますが、今年度の抱負は「総合3位入賞、スナイプ2連覇」を成し遂げるために真面目なばかになることです。ポイントは3つ。
まず大前提として、自分の行動や言葉がチームの目標達成のためになっているかという評価軸ですべての物事を考えていきたいと思っています。もちろん、個人として目指すもの思うところ課題などなど、山ほどありますが、もとをたどれば根本にあるものはチームとしてどう勝つか、どんな部を1年間つくっていくかだと思います。
この抱負の2つ目の意味は、ばかみたいに真っすぐな気持ちで目標に向かって挑戦し続けたいということです。3回生という立場になり、教わるよりも教える場面が増えたり、結果に対しての重圧もよりかかってくることでしょう。しかし、だからといって保守的になってはチームの成長に貢献できなくなると思います。目指すべきところをしっかりと見据えて、小さな結果よりももっと大きな可能性に向かって、失敗を恐れず挑戦していきたいと思っています。こうすればいいんじゃないかと思ったことはどんどん口に出して提案し、行動に移し、わからないことは素直に聞いてわかるまでやりきる。無風でもハザードの日でも、今日も1日やったるで!という気持ちを、まわりがあきれるぐらいばかみたいに出せたら、結果は自ずとついてくるのではないでしょうか。
3つ目は、継続することです。本物の挑戦には、思いを実現させる力が絶対に必要で、それは継続された日々の積み重ねでしかなしえないものだと思います。コツコツ真面目なばかになりたいです。決して簡単なことではないのはよくわかっていますが、ヨット部で生活してきた2年間で出会えた、たくさんの熱い人たちを思い出すと、思わず気持ちが奮い立たせられます。
 しょうもないことにこだわってつまずいている私を見かけたら、「もっとばかになれよお前」と発破をかけてください、よろしくお願いします。 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

11/1〜11/4 第83回全日本学生ヨット選手権大会

November 6, 2018

1/1
Please reload

最新記事

January 18, 2020

January 17, 2020

January 16, 2020

January 14, 2020

January 13, 2020

January 12, 2020