ヨット部を引退して #8

84代会計を務めました。470スキッパーの松島です。 未だに現役と同じスケジュールで練習し、レースに出ており、全く引退したという感じではありませんが、引退ブログというものを書かせていただきます。 この4年間を振り返ると本当に色々なことがありました。入学前の自分が思い描いた4年間とはあまりにもかけ離れたものでした。そして、ずっと素晴らしいものだったと思います。ただ、何度振り返っても先日のインカレのことばかり思い起こされ、終わってしまったことをあれやこれやと考えてしまいます。 470級13位、スナイプ級3位、総合7位で迎えた最終日、470級の入賞は実質的にほぼ不可能な状況で総合入賞だけを考えて臨みました。結果として470もスナイプも順位を2つ上げ総合5位入賞と、目標としていた総合入賞が達成されました。レースメンバー、サポートメンバーが出来うる限りを尽くした結果であったと、そう思って着艇したつもりでしたが、コーチから「よく頑張った」と声を掛けられると、やはり悔しくて涙をこらえられませんでした。自分がこれまでいかにヨットに夢中になっていたかを思い知るかのような悔しさで、同時にもう二度とインカレを目指すことができないことを知り、夢が覚めていくような感覚でした。 これほどまでに必死になり、ヨットに熱中できたのは、一緒に取り組んできた同期と後輩、ヨット部に迎え入れ、様々なことを教えてくださった先輩方、あらゆる面でサポートしてくださった監督、コーチ、OB、そして保護者のみなさまのおかげです。心より感謝申し上げます。 ありがたいことに今年度はコーチという形でまた京大ヨット部に関わらせていただけることとなりました。選手としてクラス入賞を達成することはできませんでしたが、その目標は後輩たちに託し、別の形でもう少しだけ追い求めてみようと思います。そのためにできる限りのサポートをしていきたいと思います。 今までありがとうございました。そしてこれからも京大ヨット部をよろしくお願いします。 

特集記事
最新記事