9/4〜6 通常合宿

September 7, 2019

 

こんにちは、1回生470クルーの川根です。今回は9/4〜9/6の通常合宿の報告をさせていただきます。
今合宿も蒲郡遠征組、葉山遠征組の先輩方を除いた下級生を中心としたメンバーで琵琶湖での練習を行いました。
練習内容としては9/4は帆走練、動作練、回航練を行い、9/5、9/6は動作練、回航練を主に行いました。
3日間の中で微風から中風まで全体として東寄りの風が満遍なく吹いた天候でした。
9/4、9/5の午後は雷雲が接近
し実際雷が落ちていたこともあって、早めにハーバーバックし解装しました。9/4はハーバーバック後に時間が余った為、筋トレを行いました。
また、9/4は高橋コーチ、小松コーチ、小塩コーチに、9/5は小塩コーチ、阪大OGの中村氏にご指導頂きました。感謝申し上げます。
私個人としては、470クルーとしてここまでの練習や新人戦で出た課題を1つでも克服しようと意識して練習しました。特に動作の正しい型を何とか体に染み込ませようとしていたのですが、頭の中のイメージに体がついていかなかったり、失敗への恐怖心で何度も動きが小さく遅く縮こまったりして、理想に近づいたり遠ざかったりを繰り返し、非常にもどかしかったです。そして、次から次へと課題が見つかり、自分の頭と体で消化しきれないことも多くしんどかったです。また、多くのことに注意する余り、1つ1つへの集中が疎かになってしまう場面が多々あり何度も沈してしまいました。さらに、風の変化に対する対応にまで頭と体がついていかず、何度も苦労しこの風ならどうすればいいのかと迷いました。このような課題に対して、ミーティングなどで先輩方やコーチから得たアドバイスや上手い方の動画と自分の動画を見比べ参考にして、体の感覚と言葉の両方を上手く使いながら失敗を恐れず出来るようになるまでチャレンジして次の合宿でもう一段階、二段階と必ずステップアップしたいと思います。
また、動作、帆走、回航などにおける技術面の課題だけでなく、筋力・筋持久力・体力・精神力等の課題も改めて痛感させられました。特に、体力的にきつくなった時に動作の質が明らかに落ちてしまうという文字通り致命的な課題は何としても克服していかなければと感じました。
しかしながらそんな中でも先輩方、コーチ、同期のアドバイスによって成長し身についたことも多くあり、収穫の多い今合宿だったと思います。些細なことでも質問することが、上達に繋がると分かったので積極的に先輩方、コーチ、同期とコミュニケーションをとって上手く速いクルーを目指していきます。
私個人に関する感想文がメインとなってしまい申し訳ないのですが、以上で今合宿の報告とさせて頂きます。ありがとうございました。 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

11/1〜11/4 第83回全日本学生ヨット選手権大会

November 6, 2018

1/1
Please reload

最新記事

October 30, 2019

October 28, 2019

October 22, 2019

October 21, 2019