部活内での自分の仕事 #1

August 12, 2019

 

こんにちは。3回スナイプスキッパーの飯島 森です。今回のテーマは「部活内での自分の仕事」です。
自分は「近畿北陸学生ヨット連盟副務」という役職についています。強そうですね。端的に言ってバリバリのヒラです。
学連ではレースの備品準備、レース費用を企業から集金する、各大学の意見を取り入れて細かな大会ルールの見直すなど、様々な仕事を他大学と連携しながらやっています。ルールの見直しは強そうだから書いただけです。僕は一切関与してないです。イキリました。すみません。
仕事は上記のこと以上でも以下でもないので長所と短所について。学連は下級生の頃から仕事の負担が比較的大きいですが、他大学との交流が活発に出来るのは非常に大きなメリットだと思います。学連に入っていれば、普段接しない人物と交流する機会が半強制的に増えますし、全く違う環境で育ってきた人物と関わりを持つことも出来ます。共通の仕事が存在するので、初対面で気軽に話しかけて行くタイプの人間でなくても交流することは難しくありません。人と話す中で自分の知らなかった世界が広がっていることを知ることは楽しいですし、無意識のうちに偏ってしまっている物の見方を少しでも中庸に寄せることができればそれだけで儲けだと思っています。学連内での知り合いは増えてきましたが、まだまだまともに話したことのない人も少なくないので楽しみは尽きません。
色々と難しげなことを書きましたが、要は人と話すのは楽しいし、学連ならそれがいっぱいできる、ということです。最低限のコミュニケーション能力を持っていれば誰でも歓迎しますので、興味のある一回生を待ってます(新歓)。
お読みいただきありがとうございました。 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

11/1〜11/4 第83回全日本学生ヨット選手権大会

November 6, 2018

1/1
Please reload

最新記事