7/6〜7 東日本スナイプ

3回生スナイプスキッパーの福矢です。7/6,7に葉山において開催された東日本スナイプについてご報告させていただきます。 1日目は北東からの5メートルくらいの風で3R、2日目は北東からの10〜14メートルの風で1R消化しました。今回のレガッタの参加艇数は73艇で琵琶湖では経験することのできないレベルの高いビックフリートでした。また今回の遠征では自分達の艇を持ってきて参加したので、自分達の実力をより的確に把握することが出来ました。1日目の順風域で行われたレースでは関東の強豪校や社会人に対して遜色なく走ることができている艇もおり手応えを掴んでいたようです。特に村山黒田ペアは3Rでトップホーンを鳴らし、1日目の3R終了時点で3位につけていました。自分の船としては短いスタートラインと周囲のレベルの高さにビビってしまいきれいにスタートが出れるこが少なかったです。レース後はレセプションが行われ、関東の大学や社会人の皆さんと交流を深めました。 2日目は朝から爆風が吹き荒れていました。2時間ほどの風待ちの後、赤旗が掲揚されている中出艇しました。半分以下の艇数しかフィニッシュできないサバイバルコンデションでのレースとなり、京大の艇も全艇アルファベットという結果になってしまいました。 今回の遠征は東大の合宿所に泊めていただきました。クイズのアプリで東大の方と交流を深めました。東大生1人に対し、京大生6人で挑みましたがぼこぼこにされました。最高学府はやっぱり違いました。東大の方々ありがとうございました。ご飯も美味しかったです。 今回のレガッタは様々な風域でレースが行われ、他大学に対して勝っている点劣っている点を数多く発見でき有意義な遠征となりました。運営の方々、着艇や積み込みを手伝ってくださった大学の方々ありがとうござました。 

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2021 Kyoto University Yacht Club