6/22〜23 全日本学生ヨット選手権大会個人戦予選

こんにちは。4回生、470クルーの八代です。6月22日、23日に行われました近畿北陸学生ヨット個人戦選手権大会のご報告をさせていただきます。 本大会は、全日本学生ヨット選手権大会個人戦の予選を兼ねた大会でした。 結果といたしましては、470級、スナイプ級ともに2艇ずつが予選を通過することが出来ました。 ここからは主に470級の報告となります。 まず、1日目、北からの微風の中4レース行われました。1レース目、2レース目共に470級では3艇がシングルをとることが出来、チーム全体に期待と興奮が広がりました。 ですが、最終結果が発表されると、松島・渡辺ペアにはアルファベットが付き、高山と僕のペアは予選通過圏内ぎりぎりという状況でした。 しかし、2日目に1レースでもあれば、カットできる(一番悪いレースをカットすること)という希望もあり、諦めることはありませんでした。 2日目、天気予報は最悪だったにもかかわらず、朝から北風が入り、3レースも成立しました。そんな中、松島艇・中川艇は調子が良く、難なく順位を片手に収めていき無事予選を突破することが出来ましたが、僕たちは調子を上げることが出来ず、7位という後一歩のところで敗退してしまいました。 僕にとっては今年が最後の個人戦出場のチャンスでもあったため、とても悔しい思いをしました。 しかし、京大ヨット部全体をみますと、今年は4艇も予選を通過することが出来、進歩を実感することが出来ました。とても誇りに、そしてうれしく思います。 団体戦(インカレ)総合入賞に向けてさらに頑張り、力をつけていきたいと思っています。今後とも応援のほど、どうぞ宜しくお願い致します。 最後になりましたが、レース運営の皆様、サポートして下さったOB,OGの皆様、監督、コーチ、ありがとうございました。 

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2021 Kyoto University Yacht Club