3/6〜9 通常合宿

March 10, 2019

 

首都大学の皆様ありがとうございました。

新2回生470スキッパーの井上です。
3月6日から9日にかけての合宿の報告をさせていただきます。
この合宿では首都大を招いての合宿となりました。首都大の皆さん、ありがとうございました。

6日はあまり風が吹かず、ライン把握の練習をしました。スタートラインが短い時や見通しが立てやすい場合はラインが見えやすいのですが、ラインが長くなり見通しが立てにくくなると極端に難しくなりました。スタートを第一線で出ることが理想のレースプランで走る大前提となるので、スキッパーの私は特に心がけていきたいです。ちなみに私はこの日4685という京大の一番艇に乗らせていただく機会があったのですが、他の艇と違って水への当たり方が優しくて抵抗がほとんどないことに感激しました。

7日は予報は強風だったのですが、そこまで吹き上がることはなくフルパワー程度の良い風の中、練習ができました。帆走練は最近は少しはまともに上回生についていけるのですが、まだ上り角が取れないこと、タックの動作を挟むことで置いていかれることなどまだまだ課題はたくさんあります。この日は、中デッキの風でクローズ帆走していたところ前からかなり強いブローが迫ってきてそれに対処しようとするも間に合わず秒でヒール沈してしまいました。その結果クルーの鈴木くんが宙を舞ってメインセールに落水し、14-4010のセールが見るも無残な形になってしまいました。落ち着いて的確な対処ができるようになっていかないといけません。また、こんな部員の思いが詰まったセールを使ってペンケースやコインケースを作って販売していますので、よろしければご購入下さい!

8日も7日と同様にフルパワーを超えることはない丁度良い風でした。この日は振れが大きく、かなり長めに上下マークを打ってそれを目標に帆走したり、安定してきたらそのマークを使って回航したりとよりレースに近い状況での練習をしました。同志社ウィークというレースに向けてペアが固定されているため深くまで掘り下げてペアと会話することができました。私は風を見るのがまだまだ苦手なのでランニングのコースはクルーの鈴木君と話し合いながら決めています。ランニングはジャイブして回る角度が風によってまちまちなのでこのタイミングでジャイブしてミートするのかどうかの判断が難しく、その判断を誤って順位を落としてしまいました。動作だけでなくそうした戦略等の面でもこれから成長していけたらと思います。

9日は午前は微風、午後はフルパワーの風でした。午前はスタートラインの把握やロールタックの改善に努めました。午後は三井寺の良い風が吹いたのでスタート付きコース練をしました。コースもかなり長めに設定して実践レベルのより高い練習ができました。新2回生はスタート前のハンドリング、加速がまだまだでなかなか良いスタートを切ることができません。同志社ウィークまでは残り少しですが、1つでも上の順位が取れるように頑張りたいと思います。

以上で報告を終わらせていただきます。最後までお読みいただきありがとうございました。

P.S. ヌヌちゃんお誕生日おめでとう! 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

11/1〜11/4 第83回全日本学生ヨット選手権大会

November 6, 2018

1/1
Please reload

最新記事