沖での会話#7

こんにちは、2回生470クルーの田中です。今回は「沖での会話」というテーマで書かせていただきます。 普段の練習では動作の確認をして、レース中は風の情報……という話は他の部員もすると思うので、あまりかぶらなさそうな話をしたいと思います。私は、乗るスキッパーによって会話の内容を変えるようにしています。「クルーはスキッパーのご機嫌トリムをすることも仕事の1つ」と尊敬する先輩が言っていたのがきっかけです。〇〇と乗るときはこうで…という具体的な話はできないですが、例えば風待ちのときとします。先輩と乗ったときは最近あった面白いネタを話そうかなとか、後輩のときはプライベートな話に突っ込んでみようかなとか。そんな具合です。レース中の風待ちのとき、私の笑い声が琵琶湖に響いていると指摘されたことがあるのですが、そんなときはたいていしょうもない話をしています。ベストオブしょうもない会話は、織田さんと話したアンパンマンのオカリナ姫の話ですかね、懐かしいです。 もうすぐオフが明け寒い春合宿がやってきますが、笑いで寒さを吹っ飛ばしていけるよう頑張っていきたいと思います。全くまとまりのない文章になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。 

特集記事
最新記事