新年度の抱負#6

新2回生470スキッパーの川口です。「光陰矢の如し」とはよく言ったもので大学入学からはや1年が経とうとしており、改めて大学生活の短さを感じております。残り長くない学生生活のうちの貴重な1年を無為なものにせぬよう、「新年度の抱負」を書かせていただきます。 突然ですが先日、海外でも活躍している、ある有名な野球選手の言葉を目にしました。 「練習は嘘つかないって言葉があるけど、頭使って練習しないと普通に嘘つくよ」 この言葉の受け止め方は人それぞれかと思いますが、概ね「ただ頑張ればいいんじゃなくて、正しいベクトルで努力して初めて成果は得られる」ってとこでしょうか。ヨットという新しいスポーツに触れた昨年の自分は、「頑張って」練習して、「頑張って」できないことをこなそうとしていました。頭を使っているつもりなだけでした。がむしゃらに頑張ることで見えてくるものもきっと沢山あるはずですが、それを大成させるに4年という時間は決して長いとは言えません。今年1年は、こんな自分の姿を反省し、「頭を使う」ことを常に意識しようと思います。自分のできていないことだけを考えるのではなく、それらがなぜできないか/どうすればできるようになるのかを自分で、時には周囲の助けも借りながら、解決できるようになりたいです。当たり前のことではありますが、種々の動作含む技術の向上及びチームへの貢献もこの当たり前を突き詰めた先にあります。  と、ここまで格好良く述べてきましたが、内容が抽象的でまた実力も不十分なこともあってか戯言感が否めません。とにかく今年は練習ごとにテーマや小さな目標を設け、毎回の練習を大切に、貪欲に臨んでいこうと思います。そして上述した抱負を堂々と語れるくらいの力をつけたいです。 締まりの悪い文章となってしまいましたが、最後までお付き合い下さりありがとうございました。 

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2021 Kyoto University Yacht Club