新体制をむかえての意気込み#5

こんにちは。3回生470スキッパーの松島です。  新チームが始まり、1ヶ月がたちましたが、最上回生になってみると、いかに先輩方の存在が大きかったのかを改めて感じます。今までは先輩に追いつき、チームに貢献するべくがむしゃらに練習してきましたが、今度は自分がチームのことを考えていかなければいけない立場になりました。  今の470チームには最上回生が2人しかいません。しかし、インカレを経験した2回生もおり、可能性に溢れた後輩がたくさんいます。このチームに必要なのは、圧倒的な実力を持ったリーダーではなく、のびのびと走る後輩の力だと思っています。そしてそのための『環境をつくる』こと、それに対して自分のすべきことをやっていけたらと思います。  ところで、先日新チーム最初のレースであるプレプレを終えたのですが、よく考えると僕にとってはこれが最後のプレプレでした。これからのレースは全てが最後です。  個人的な今年のテーマは『ヨットを楽しむ』ことです。主将や各リーダーの意気込みと比べるとなんと無責任なという内容ですね。もちろん勝ち負けにこだわらないということではありません。しかし、勝ち負けへのこだわりが強すぎると不調のときは自分を必要以上に責めてしまいますし、それでうまくいくことはないでしょう。特にそれが最後のチャンスであるなら、そんなにもったいないことはありません。  せっかくの短いヨット部生活の最後の1年間、楽しかったと笑顔で引退できるように全力で楽しみたいと思います。 

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2021 Kyoto University Yacht Club