新体制をむかえての意気込み#4

November 30, 2018

第84代マネージャーリーダーを務めます佐藤みのりです。

つい先日のように感じられる全日本インカレから1ヶ月が経とうとしており、月日の流れる早さに驚かされます。全日本インカレの戦況や成績につきましては、ご存知の方も多くいらっしゃることと思います。選手も、サポートメンバーも一体となって、本当に本当に頑張った大会だったと思います。部員の悔しそうな顔、嬉しそうな顔、どこか晴々としている顔、いろんな表情があのインカレには詰まっていました。その光景は今でも胸に焼き付いています。

先日行われた代交代ミーティングを終え、新たな代が本格的に始動しました。インカレの「総合入賞」という目標にはあともう少しというところで手が届きませんでした。この目標を達成するために、これから私達は並々ならぬ努力をしなくてはなりません。そしてそれは決して簡単なことではないということはわかっています。

日々、部活のことを考えない日は無いように「やらなくてはならないこと」に追われています。かつての先輩方の苦労が代行代をして早々に分かりました。この1年間、選手マネージャーともに様々な壁にぶつかることでしょう。そのような時に、各々の努力や苦悩にも目を向け、寄り添い合いながら成長していくのだと信じて頑張っていきます。

私自身、マネージャーリーダーとなったことで自分の中で掲げた目標があります。それは「マネージャー全体の力を伸ばしていく」というものです。当然のことだと思われるかもしれませんが、これは自分だけではなくマネージャー、一人ひとりがしっかりと力をつけて、全員がスーパーマネージャーになるということです。何故このような目標を立てたのかというと、代交代を経て、改めてマネージャーの数の減りに悩まされました。やはり5人の先輩マネさんの存在は大きいものだと痛感しています。しかし、だからこそ相棒のような同期の南、頼れる2回生マネ、慣れない中でも一生懸命頑張っている1回生マネの存在は支えであり、このメンバーならもっとステップアップできると信じています。マネージャーはチーム戦です。私含めて人には各々のキャパシティがあり、得意不得意もあります。例えば、飲み込みが早くすぐに行動できる子もいればゆっくり丁寧に自分のものしていく子もいます。「マネージャーチーム」としてこの1年試行錯誤を繰り返し、補い合いながら成長していきたいと思います。そしてレスキュー、広報、食事などあらゆる面でその良さに磨きがかかっていくことでしょう。

マネージャーとしても、リーダーとしてもまだまだ至らない点ばかりの私ですが、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

長々と語らせて頂きましたが、この辺で失礼致します。

今年1年間何卒よろしくお願い致します。 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

11/1〜11/4 第83回全日本学生ヨット選手権大会

November 6, 2018

1/1
Please reload

最新記事

November 18, 2019

October 30, 2019