8/20〜8/26 全日本470級ヨット選手権大会

お疲れ様です。 三回生470クルーの八代です。 20日から26日まで参加していた、全日本470選手権大会について報告させて頂きます。 この大会は今年は江ノ島で開催され、五輪メダリストを含む全83艇が出艇したレースです。 まず、21日には計測を無事終了した後、練習のため2、3時間ほど出艇しました。この時の風は5m/sほどで、次の日の予報と同じ風域で有意義な練習をすることができました。 そして、予選1日目。シーブリーズ特有の5、6m/sという安定した風の中、3レースを消化しました。 予選2日目。普段穏やかな琵琶湖で練習している僕達にとって台風の影響による大きなうねりの中ではまともに走らせる事も困難でした。しかしそんな中でも堂々としたレースを行うナショナルチームや、外国人選手の技術の高さを身近に実感することができました。 3日目は、台風の影響がさらに大きくなり、大会運営の判断で中止。4日目はゴールドフリートのみ3レースが行われました。ゴールドフリートでは先輩1艇がレースに臨みましたが、荒れた海で怪我をしてしまい、応援していた僕達はとても心配しました。しかしその日の晩には元気そうにしており安心しました。5日目はまだ多少波はあったものの微風でゴールド、シルバーフリート共に残り1レースとメダルレースを消化しました。 このレガッタでは琵琶湖には無いような環境でヨットに乗ることができ、新たな力となったと思います。また、この経験を琵琶湖に残っている後輩たちにも伝えなければと思いました。 簡単な報告ですが、以上とさせていただきます。 最後までお読みくださりありがとうございました。 

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square