私がヨット部に入った理由#42

こんにちは。4回生snipeクルーの青木です。「私がヨット部に入った理由」というテーマでブログを書かせていただきます。 3年前、京大に合格した私は、小中高と続けてきたバスケットボールを続けるか新たな体育会系部活に入るか悩んでいました。何かやるなら真剣に取り組みたかったため、候補は体育会系のみでした。 初めての試乗会では、受験期で増え続けた体重がヨットに向いているといわれたことくらいしか洋上での記憶は残っていませんが、エンドレスドッジボールで思い切り体を動かし、終始楽しい時間を過ごすことができました。今でも呼ばれ続けているセインツというあだ名を突然つけられたのもこの時です。その日は大学の新歓ってこんなに楽しいものなんだと感激を受けたのを覚えています。 その後、いくつか他の新歓を回りましたが、ヨット部以上に楽しかった団体はなかったため、未知のスポーツであるヨットに4年間ささげることを考えるようになりました。 結局ヨット部に入った理由としては、 ・試乗会(のドッジボール)が楽しかったこと ・(相対的に)雰囲気がよさそうだったこと ・上を目指して戦えるということ ・発展途上の団体であること ・学業との調整が取りやすそうだったこと ・試乗会の時の先輩がかっこよくて、先輩方のようになりたいと思ったこと などのような気がします。 未知のスポーツということで不安な気持ちは大きかったですが、上記のような理由から覚悟を決めてこの世界に飛び込みました。 ヨット部に入ってすでに4年目を迎えます。 今となってはこんなにアツくなれる仲間とこんなにアツくなれるスポーツに出会えたことをとても幸せに思います。 あと半年、全力で駆け抜けていきます。 応援よろしくお願いします。 

特集記事
最新記事