私がヨット部に入った理由#21

April 18, 2018

 出身高校は福岡県立修猷館高等学校、2回生470スキッパーの高山です。自分がヨット部に入部した理由について述べたいと思いますが、理由が単純すぎるので入部に関する諸々も述べさせて頂きます。
自分は高校時代からヨットをしており、FJ級のクルーをしていました。しかしコーチングをしてくれる人もおらず、部員みんなで独学で技術を磨くというスタイルでした。一応、二年・三年時に二度インターハイに出場できましたが、自分の実力はせいぜいそれまでで、全国で戦えるとかそういうレベルには到底及びませんでした。ヨットのことは好きでしたが、それ故に不完全燃焼に終わりました。
そして大学入学前、とりあえずヨットの試乗会は行っとこって感じで試乗会に来ました。そしたらやっぱりヨット楽しいわ、先輩たちおもろいわ、そしてマネさん可愛いわって感じで特に迷いもなく何も考えずに入部を決意し、その二日後に入部宣言をしました。あと個人的に中川さんがヨットについてめちゃくちゃ熱く語ってるのをかっけーなあとも思ってました。顔もかっこよくてヨットもできるなんてすごいなあと思ってました。自分もそういう先輩になりたいです。
こんな風に、他のみんなに比べると入部の理由としては一番しょぼいと思います。他の部活やサークルの新歓に行く前に入部宣言しました。今となっては、ウェイウェイしたサークルに入ってたら今頃ウェイウェイ出来てたのかなとも思ったりもします。でもやっぱりヨットが好きです。自分の好きな競技で、自分の好きな同期たちや先輩たちに囲まれて、全国を目指せるという、今の自分の立場をとても幸せに思います。早く上手くなって部に貢献できる人材になりたいです。
こんな真面目でつまらない文章を書いていますが、実は自分は自他共に認める、たまに頭おかしい発言しちゃうやつです。そんな自分を受け入れてくれている(?)ヨット部のみんなの寛容さには、感謝を隠しても隠しきれません。そして上洛して二回目の春、僕の入部の決断は間違ってなかったと感じています。(八代さん風)
読んでくださってありがとうございました。 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

11/1〜11/4 第83回全日本学生ヨット選手権大会

November 6, 2018

1/1
Please reload

最新記事