私がヨット部に入った理由#15

こんにちは、新二回生マネージャーの中谷里帆です。今回が初めてのブログで、私がヨット部に入部した理由について書かせて頂きます。拙い文章ではございますが、最後まで読んで頂けると大変有難いです。 私は、幼稚園の頃から高校までバトントワリングをし、その後ハンドボールをプレイヤーとして始めました。毎日練習が当たり前の日々を過ごし、そこで培った経験や知識、技術、仲間は、一生もので、決して失うことも変えることも出来ず、部活に入ることの大切さをとても感じています。ですが、結果だけをみると、私はまだ全国に行ったことがありません。そんな私はプレーをすることも好きでしたが、プレーをしている選手を見ることが何十倍も好きでした。そんなことを知っている幼馴染が私にマネージャーになることを勧めてくれ、大学に入学するとすぐに、マネージャーの出来る部活の新歓に行きました。そんな中、出会ったのがヨット部です。ヨット部の雰囲気の良さや大学との両立が出来ると思い、入部しました。 ヨット部に入って、まだ1年しか経っていませんが、この1年に学んだことは、沢山あります。今後もその繰り返しだと思いますが、自分の行動に責任を持ち、少しでも部員の後押しが出来たらと思います。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 

特集記事
最新記事