第2回 琵琶湖スナイプ選考会



お世話になっております。3回生スナイプクルーの岡本旺成です。今回は6/26〜27に行われた第2回琵琶湖スナイプ選考会と470フリートレースについて報告させていただきます。

両日ともに微風予報の中、スナイプ級は8月に行われる全日本スナイプへの出場権四枠を争う大会ということで緊張感のある大会となりました。1日目は南西風の不安定な微風の中、2レースが消化されました。海面を読み切ることが非常に難しいコンディションではありましたが、一上からしっかり上位を維持したり一上から大きく上げていったりと良い展開をすることができた艇もあり、突破を狙える艇が2.3艇という状態で1日目を終えました。

2日目も北から東へと大きく振る不安定な微風の中での3レースとなりました。1日目同様難しいコンディションではありましたが、前日の反省を活かして大きく調子を上げたり下級生ペアが上位で帰ってきたりと、チームとして成長を感じられる瞬間が多々ありました。そして自艇が四位となり、全日本スナイプへの出場が決まりました。社会人の方々の壁は厚く、惜しくも一艇だけの通過となりましたが、成績を見ても部員たちの手応えとしても実力がついてきていることを確認することができたレガッタとなりました。

再来週には遂に個人戦予選があります。残された時間は少なくはありますが、できる限りのことをして臨んでいきたいと思います。


最後にはなりますが、お忙しいところ今大会の運営に参加してくださったOB.OGの方々にお礼申し上げます。ありがとうございました。


特集記事
最新記事