私たちの肉体改造計画!#3


お世話になっております。4回生の網谷です。今回は「肉体改造計画」ということで、早速書いていきたい思います。


まず本題に入る前に、ヨットをやる上では体重は確実にあったほうがよいです。こと琵琶湖というフィールドに関しては風が弱いためその限りではありませんが、全国で海で戦うことを考えれば増量は必須だと言えるでしょう。琵琶湖であっても風が上がったときの艇速が安定します。また、純粋に体力向上にも寄与します。勿論身軽であることも十分強みにはなりますが、このような点から「肉体改造」には基本的にメリットが大きいと考えます。実際、私も入部当初から5,6kg体重を増やしたときには船の安定感が増したような感覚を覚えました。

さて、ここから本題に入りますが、正直に申してあまり特別なことはしておりません。筋トレと食事を続けるという質素な計画です。ただこれだけだと少し薄いので詳しく書きます。


まずは筋トレ。メニューにはそれほど拘りはありませんが、ありがたいことに我々は現在週に一度、ジムを開放していただいており、そこでトレーニングをしています。ポイントを上げるとするなら「ゆっくり」といったところでしょうか。確実に筋肉に負荷をかけていくことで、猿のように無闇矢鱈に筋トレをせずとも身体を強化できます。後は大きくなる自分の体を見て楽しむことですね。少々気持ち悪いかもしれませんが、肉体改造をする人はきっとみんなこうしてます。


後は食事。こちらは量を増やすだけというシンプルなものです。1回生時には食べる米の量を倍にすると言う生活を半年ほど続けた結果、5kgほど増やすことができました。食事に関しては腹に入れれば入れるほど体が作られると思うので、バランス良く、ちゃんと摂ることが重要だと考えています。因みに、餅を食べると狂ったように体重が増えます。


以上になります。今年度は琵琶湖でインカレが開催されるので体重増加が一意に正義だとは言えませんが、自らの強みを生かすという意味でもしっかりと改造していきたいと思います。長くなりましたが、読んでいただきありがとうございました。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square