私たちの肉体改造計画! #2



こんにちは、3回生スナイプクルーの永富優希です。私は部員の中で体格が優れているわけでも強靭な肉体を持っているわけでもなく、久しぶりのブログなのにこのテーマが回ってきて、なぜ私なんだろうって不思議な気持ちでいっぱいですが、書いていきたいと思います。何が書けるかなって考えたところ、最低限の筋力や体重の必要性と今年の意気込みをここで書かせていただきたいと思います。


 これは女子と男子という区別をつけることが正解かは分かりませんが、ある程度今の京大ヨット部では、男子の方が体格、または、筋力があることが多いです。さらに、京大ヨット部のフィジカルは他大学のフィジカルに遅れをとっているというお話はよくされている気がします。つまりフィジカル面で京大女子プレ(一緒にくくっちゃって良くない気がします、ごめんなさい)の私はフィジカル面で弱みがあるってことです。ヨットは頭を使う競技だからフィジカルは他で補えると言われることはありますし、それも正解の部分はあるのかもしれませんが、それでも土俵に立つため最低限つけないといけないものはあるのかなと。私はフィジカル面に分け与えても勝負できるほど飛び抜けている「他」があるわけではないですし、ランチャーアップのための肩の筋力のように他では補えない「最低限」もあると考えています。引退された多くの先輩方のお話を聞いても女子プレにおいて筋トレや増量は避けては通れない道だとも思います、体重はともかく筋力はあって困るものでもないですし。


 クルーだったらおそらく最低限ジブトリムやバングトリム、リーチングのランチャートリムをたやすく行える筋力、効果的なフルハイクができる筋力・体重は必要だと思います。クルーが軽いせいで強風走れないとスキッパーに思われる体重であるのも艇のためにも良くないんだと思います。同じだけ練習してきたのに毎週の筋トレでまだまだ男子の筋力には届かず悔しさも感じています。だから、私は今年筋トレと増量(琵琶湖インカレでどこまで必要かわからないですが)にしっかり取り組みたいです。あまり楽しい気持ちのブログじゃなくて申し訳ないですが、この場を借りて自分に喝を入れさせていただいています。ぽやぽやしていたら、遠慮なく喝を入れてください。みなさん、一緒にいっぱい食べていっぱい筋トレしましょう。ぜひよろしくお願いします。


 のんびりとお話しているかのように書いてしまいました。拙い文章ですが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square