top of page

私がヨット部に入った理由 #8



お世話になっております。470スキッパーの上中惇郎です。


このブログのテーマは私がヨット部に入った理由ということですが、私は高校時代にヨットを始めたため少し特殊で、京大に来たらヨット部があったというよりヨット部に入るために京大を選んだ、と言った方が近い気がします。


私は膳所高校のヨット部出身なのですが、私が入学する1年前に南野前主将・古澤前470リーダー・小澤470リーダーなどが中心となり膳所高校はインターハイで数十年ぶりの入賞をしていました。どうせ入るなら勝てる部活がいいなと思っていた当時15歳の上中少年はボート部かヨット部で迷った末、より実績があったこと、より速度が出ることなどが決め手となりヨット部に入部しました。この当時はヨットそのものに特別惹かれていた訳ではなく、手っ取り早く活躍出来るものがいいなという打算的な考え方が大きかったです。


その後高校1年生のときに京大ヨット部はスナイプで全国制覇し、そのころから漠然と京大でヨット部に入りたいなと思い始めました。私は部活の雰囲気は余り重視しないタイプなのですが、ブログ等から伝わってくるkuycの雰囲気はとても良く、学問もヨットもどちらもトップレベル、その上雰囲気も良いとあらば入るしかないやん!と思っていました。その後少しブレることは何度かありつつもその気持ちは結局変わることなく、無事合格しヨット部に入部しました。前評判通りヨット部の雰囲気は良く、皆が技術を追求しており入部したのは間違っていなかったなと思っています。


少し特殊な入部動機で参考になるかは分かりませんが、部活選びの参考にしていただけると幸いです。

Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page