私がヨット部に入った理由 #3


こんにちは、新2回生スナイプスキッパーの稲波智子です。以前の自己紹介ブログで触れたので少し重複しますが、私がヨット部に入部した理由を書きたいと思います。


決め手は、何と言っても雰囲気の良さでした。

私がヨット部の存在を初めて知ったのは、3月に一度だけ行われた幻の試乗会です。乗った感想は特段覚えていないのですが、ハーバーでお菓子を食べた時の感じや、艇庫のガヤガヤとした雰囲気が魅力的だったのは強く印象に残りました。その後も、Twitterやブログ、PVを見ては、楽しそう!かっこいい!と思っていました。

ヨット部は気になる部活のひとつだったのが、夏休み後半頃から始まったオンライン交流会でも雰囲気の良さが伝わってきたので、入部に気持ちが傾きました。私は他人の面白い話を聞いて楽しむことが好きなので、面白い先輩方がたくさんいるヨット部の空気感は自分に合っていると確信しました。また、ちょうどこの頃から、周りの友達も大学のサークルに入り始めていたので、私も新しい場所での人間関係が必要だと感じていました。

運動は決して得意ではないけれど、体を動かすことは好きなので、プレーヤーとしての入部に迷いはありませんでした。中高テニス部だったので日焼けすることにもあまり抵抗は感じませんでした。他部活のオンライン新歓にもいくつか参加しましたが、良いなと思ったのは断然ヨット部でした。ただ、女子プレが一人だけということで躊躇っていました。しかし試乗会の時からずっと連絡を取ってもらっていた先輩の存在が大きくて、先輩やマネさんとめっちゃ親しくなれるし何より男子と仲良くなれるから心配ないよ〜的なことを言われ、気持ちが固まりました。最終的には、不安に思う気持ちよりも、ヨット部に入りたい!という気持ちが勝ちました。


こんなふうに、ヨットの競技性は1ミリも考えずに入部したわけですが、これも偶然によるものが大きいなあと感じています。というのも、試乗会があったあの日、実はもう一つ別の部活にも新歓に行きたいという旨のDMを送っていました。その時は、なんとなく、先に見つけたからというそれだけの理由で、ヨット部の試乗会に参加しました。もしヨット部の試乗会を選んでいなかったら、そもそも自慢のフッ軽を発揮して試乗会に行っていなかったら、、、。この偶然の良縁に感謝して、これからも頑張っていきたいと思います。

特集記事
最新記事