top of page

私がヨット部に入った理由 #19


お世話になっております。新2回生スナイプクルーの宮本航太郎です。今回は私がヨット部に入った理由について書きたいと思います。

まず、私は入学当初部活に入る気は一切ありませんでした。てきとうにサークルに入ってほどほどに楽しく過ごせればいいと思っていました。しかし、それはそれとして新歓期を逃すと体験できない部活やサークルの新歓は行っておきたかったので、ヨット部を含めた水上系や他にも高校までの部活ではあまり見かけなかったスポーツなどを見学しに行きました。

私が部活に入る気になった最大の理由は部活の雰囲気です。全員が仲が良さそうに見えたし、そこにいる人はこの団体のことが好きだということが伝わってきました。それでいながら、きっちりと結果を出している。しかも、全国には経験者が多数いる中でほとんどが未経験者でいるにもかかわらず。雰囲気の良さと結果を両立するのがどんなに難しいことか私は中高の部活動で学んでいました。なので、このことを知った時にとても衝撃を受けました。そしてそれと同時に、ここでなら私は入っても後悔しないだろうなと思いました。

実を言うと私は最終的にはヨット部ともう一つの部活で悩んでいました。そのもう一つの部活も前述の性質を備えた良い部活でした。そんな中で私がヨット部に入ることを決意したのは、四年後の自分を想像してヨット部の方が想像しやすかったからでした。この団体なら4回生の最後まで悔いなくやり切られると感じたからです。

しかし、私がまがりなりにも一年近く部活を続けてきて感じたことは、どの団体に入ったかよりも、その団体に入った後、その選択をしたことに自分が満足できるように努力することの方がよっぽど重要であるということです。なので、本当にどこに入るか悩んで決められないという人は直感で決めていいと思います。入った後、そこでの活動が後悔のないものであるように頑張ればいいと今は考えています。

拙い文章でしたが、新入生の皆さんの一助となれば幸いです。

Commenti


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page