私がヨット部に入った理由 #14


こんにちは。京都女子大学2回生、マネージャーの堀井莉帆です。

先日、初めて友達と着物を着て京都の街を歩きました!写真はそのときのものです。人力車にも初めて乗ったのですが、地元の友達に写真を見せると「あれって浅草だけの文化じゃなかったんだね」と言われました。京都の方が風情あるのに。(そんなことより私は人力車がお高くてびっくりしました。)

さて、私が京大ヨット部に入った理由をご説明します。

大学に入って何かのマネージャーをやりたいと思っていたところ、京女の先輩から誘われ、競技ヨットそのものには、はじめあまり興味が無かったのですが、

①船舶免許が取れる。

②艇庫生活で料理が上手くなれる。

③皆仲良さそうな雰囲気で集まるのが楽しそう。

と思ったからです。

ところが昨年、例のコロナのおかげで...

①実家が東京なので一回帰省すればガイドラインが厳しく、自粛自粛で思うように動けなくなりまだ免許は取れていません。

②皆さんの分の料理は作ったことはありせんが、1年間の一人暮らし生活、もとい引きこもり生活で少しは上達した、、、かな、、、

③打ち上げなどで集まる場面なんてもってのほか、部活自体も思うように参加できませんでした。

ということで入部時の目標が全く達成出来ていませんが、今年は夢が全て叶うと信じています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

特集記事
最新記事