春合宿を振り返って #4




こんにちは。3回生470級クルーの奈良です。気づけば大学生活も折り返しを迎え、時の流れの早さを実感しております。最近は日中暖かいことも多く、海パンで出艇する季節ももう目の前ですね。個人的には足首の日焼けが著しいです。

さて、今回は春の振り返りをしていきたいと思います。今年の春の練習は宮津という全く想像もしていなかった場所で始まりました。車で往復5時間以上かかると知った時は正直まったく行く気が起こりませんでしたが、風もしっかり入り波も大きい日本海での練習は琵琶湖では得られない貴重な経験を得ることができました。オフ明け、宮津での初練習でのファーストタックがあまりにもひどすぎ、これはかなりヤバいかもしれないと思いましたが、毎回の練習を重ねるごとに動作も帆走も徐々に形にすることができました。宮津では船酔いするほど波が立ち、それまで全く分からなかったサーフィングの感覚を少し実感することができ、またそれまで苦手としていた強風での動作も少しずつ苦手意識が無くなりました。琵琶湖に帰ってきてからは本当にあっという間でしたが、3月末のポイントレースに向けて練習を重ねました。

この春はもう一つ、下級生が練習に合流し、下級生指導をすることで自分が普段意識できていなかったことも意識できたし、一緒に宮津まで遠征に行く中で少しずつ仲を深めることができたと思います(おそらく)。

ポイントレースは、風も不安定で1レースしか開催されず思うような結果は残せませんでしたが、ずっと同じ船・同じ同期ペアで毎日試行錯誤しながらヨットに乗ったこの春は、とても良い経験を得られたと思っています。今後また新しいペアでも、どんなペアでもペアとして成長していけたらと思います。

これからも全日本インカレに向けて精進していきます。


特集記事
最新記事