思い出のマネ飯 #11


お疲れ様です。4回生470スキッパーの井上大地です。今回のテーマは「思い出のマネ飯」とのことですが、コロナの影響で合宿生活が出来なくなり1年以上が経過しました。マネ飯が食べられなくて悲しいので、最近は頻繁に豚キムチ丼を作って艇庫生活っぽさを日々に取り入れています。

マネ飯で思い出すことといえば、代々語り継がれている「みのりんさん大戦犯事件」ですが、とてもここでは話せる内容ではないため現役の皆さんは一昨年度のフルセイルを読んでみてください。

さて本題に入りましょう。僕の思い出のマネ飯は2回生の4月28日の夜ご飯です。勘のいいみなさんはお気づきのことでしょう。僕の誕生日です。毎年プレイヤーの誕生日が近づくと、マネージャーが誕生日特別料理を作ってくれます。ゴールデンウィークは新歓終わりの最初の合宿で、新入生が初参加となるためマネージャーも料理を張り切って作ってくれます。そのため僕の誕生日は比較的豪華になりやすいので少し得をしています笑

とまあここまで誕生日のマネ飯のことについて触れたわけですが、主菜が何だったかは全く覚えていません。とりあえずデザートにチーズケーキがあったこと、それは同期のゆっちゃんが作ってくれたことだけ覚えています。生クリームを使ったケーキがあまり得意でないことを知ってか知らずか、チーズケーキというケーキの中で3本の指に入るほどの大好物を作ってくれました。ゆっちゃんありがとう。

1,2回生の頃は当たり前すぎて談笑することしか頭になく、マネ飯のありがたさに全く気付けていなかった私ですが、コロナで部活後に自炊しないといけない生活を続ける中で練習後に温かいご飯が待っていることのありがたさ、めちゃくちゃ寒い日にはココアまで作ってくれるマネージャーの優しさを今痛感しています。早くいつも通りの艇庫生活が戻るといいね。


マネ飯の写真を探したんですが生憎持ち合わせてなかったため、マスクなし生活の頃にマネージャーが撮ってくれた写真をお届けします。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

特集記事
最新記事