夏合宿 #1ターム目




 こんにちは。1回生スナイプクルーの岨伸明です。夏合宿8/17〜21の第1ターム、1回生は共に乗る上回生のご指導の下、ひたすらタックやジャイブなどの動作を完成させていきました。5日間という長いタームで、全日程終えた後の達成感と疲労感は凄まじいものとなりました。同時に、多くのものを得たり失くしたりしたタームでもありました。

 1日目、下〜中下くらいの微風でひたすらロールタック・ジャイブしていた記憶があります。この日で下デッキタックの大体の型が完成したように感じます。この日はレスキューに置いておいたシューズケースとその中に入っていたタオルを失くしました。

 2日目、昼あたりは特にバチバチにハイクアウトするくらいの風で、体重と太ももの筋肉や腹筋の必要性を痛感しました。また、サークリングではテルテールを見る余裕がなかったり、オンデッキタックのジブの張り替えはシバーしたりと課題が多く見つかっていい練習となりました。この日、昼休憩後イナバの上に置いておいたメガネを失くしました。

 3日目、朝起きた時に前日のハイクアウトによって使った筋肉の疲労を感じました。そんな僕を迎えたのは無慈悲にも昨日と同じくらいの強風(主観。先輩曰く赤ちゃん風だそうで)。疲労もあってずっと体を反ったままハイクアウトしていられる時間も短く、かなりヒールが残った状態での帆走となってしまいました。

 4日目、この日も前日、前々日と同様のハイクアウトをするくらいの強風。しかも途中交代無しだったのでめちゃくちゃ疲れました。飛びタックを練習していたのですが、少しずつベルトを信用していってマシな飛びタックにはなりました。近いうちに意気揚々と飛べるようになりたいですね。この日はサークリング中にバングが顔を掠めたことによってサングラスが琵琶湖の底へと消えていきました。

 5日目、ついに最終日。疲労感がピークに達し、朝は顔が死んでる人がいました。この日は夏の琵琶湖らしい無風〜微風の時間帯や、中〜オンデッキくらいの風の時間帯がありました。昼から雷が怪しかったため陸練となりましたが、1回生同士で知識を共有できて有意義な時間を過ごすことができました。

 初タームから毎日多くのことを学べて夏合宿として良いスタートを切れた気がします。中1日のオフでしっかり体力を回復して次のタームも頑張っていきたいと思います。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square