地元自慢 #11


こんにちは。470クルーの赤城です。今回は地元紹介ということで、地元愛を振りまいて行こうと思います。僕は4歳までは横浜、そこから京都に来るまでは横須賀に住み、高校時代は藤沢で過ごしていました(実は母の実家がある埼玉で産まれてしまったのですが、この事実は墓場まで持って行く所存です)。出身地が滅茶苦茶お洒落ですね。ありがとうございます。今回は1番長く住んでいる横須賀を紹介しようと思います。

横須賀を一言で表すなら「海の街」という言葉がピッタリでしょう。まず横須賀は海上自衛隊とアメリカ海軍の基地がある軍港です。横須賀の繁華街が面してる港には軍艦がたくさん止まっており、横須賀駅から出てすぐの「ヴェル二ー公園」からは日米の護衛艦・イージス艦・空母・潜水艦・南極観測船を一望できます。また、日頃からマッチョなわがままボディを持つアメリカ人が我が物顔で街を出歩いており、アメリカ人向けの店が多くあるので横須賀に来れば異国情緒を体験できます(ちなみに何故かドルが使えます)。特に「どぶ板通り」はバーで飲む外国人や治安の悪そうな方々で賑わっており、ここの夜の雰囲気はたまりません。

港湾部以外はそこまで栄えていないので、横須賀では自然も楽しむことができます。夏の海水浴はもちろん、岩場でのウニ・タコ捕りやワカメの収集(密猟はダメです)、また釣りなど、僕は小さい頃から海での遊びをしながら育ってきました。こう見ると横須賀は、いかにも芋臭い広島(地元自慢 #1)や香川(地元自慢 #8)出身者にはオシャレマウントをとることができ、どこか鼻につく大阪(地元自慢 #6)や京都(地元自慢 #4)の人間には自然の愉しさを説くことが出来る都合のいい街なのですね。僕もヨット部での出身地disりラップバトルでは負けたことがありません。今後もヨット部のモンスターとしてチャレンジャーをなぎ倒していく所存です。

拙い文章でしたが読んでいただきありがとうございました。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square