個人戦予選 7/10,11



お世話になっております。3回生スナイプスキッパー南野仁です。7/10〜7/11に行われた、近畿北陸学生ヨット選手権個人戦について報告させて頂きます。


今大会は全日本個人戦への出場枠のかかったレースであり、5月から続いたレースシーズンの締めくくりとなるレースでした。各ペアこの大会を一つの大きな目標として練習に励んできました。

さて、初日は南西、三井寺の風の軽風〜中風域で5レース消化されました。久しぶりの朝からフルでのレースに多くの部員が疲れたのではないでしょうか。

スナイプ級では1レース目、1.2.3フィニッシュで見せ場を作りました。

470級、スナイプ級ともに個人戦本戦の出場枠のかかった艇が多くあり、明日への期待と緊張が残る初日でした。

2日目は南よりの微風〜軽風域で2レース行われました。一度スタートするもノーレースとなったり、風が大きく振れたりと不安定なレースで気を緩めることができませんでした。

今回のレースでは片方の海面が明らかに有利になることが多く、スタートで出遅れ、そちらの海面に伸ばすことができないと上位で帰ってくることが難しいことがよくあったように思います。

結果的に470級は惜しくも予選通過は叶わず、スナイプから2艇の通過となりましたが、上級生、下級生ともに多くの学びのあるレースとなったのではないかと思います。


今レガッタでレースシーズンは一区切り、一回生のクラス分けも始まっていきます。そして暑くて熱い夏合宿が待ち構えています。その前にオフ明けから今までの自分を振り返り、今後の目標を立てていきたいと思います。


最後になりましたが、お忙しい中、レース運営や、応援に駆けつけて下さったOBOG、コーチの方々、ありがとうございました。

レースの時はいつも暖かい言葉をかけて頂き、感謝しております。今後ともよろしくお願い致します。


特集記事
最新記事