京大ヨット部を引退して #9


旧4回生スナイプクルーの金岩です。ついに最後のブログを書かないといけないときが来たのをとても寂しく感じています。

最後の一年間は思い描いていたものとは全く異なるものでした。

いつものように全員で練習をして、みんなでワイワイマネ飯を食べて、夜はゲームで遊んだりして楽しむといった当たり前だったことや、たくさん遠征にいって色んな経験を積む、最後のインカレでは結果を出してみんなに迎えられて着艇する、今年の抱負のブログで述べたやりたかったこともなかなかできなかった。いろいろ悔いが残る事はありますが、制限が多いからこそ、より活動できることを楽しめた一年でした。

最初は圧倒的な居心地の良さに惹かれて入ったヨット部でした。毎日の楽しい環境でやっていく中でヨットに乗ることも楽しくなっていき、結果を残せると楽しい、さらにみんなで結果が残せるともっと楽しいんだ、と色んな経験をさせてもらう中で気づかせてもらい、みんなで頑張ることが楽しいからこそ、しんどいときでも頑張ることができました。

今年自分たちが結果を残すことができず、後輩たちに焦る気持ちをもたせてしまっているかも知れないことはとても申し訳なく思っています。ただ、ヨット部にいることを楽しむ、ヨットに乗ることを楽しむ、みんなで楽しむということは忘れずにいてほしいです。人それぞれ楽しみ方やポイントは違うかもしれないけど、ただやらなきゃという気持ちだけで頑張るよりも上達のスピードももっと上がっていくと思うし、なにより躓いたとき悩んだときに支えになると思います。

こんなに楽しかったヨット部から引退するのはとても寂しいですが、ありがたいことにコーチとして選んでいただき、もう少しの間ヨット部と深く関われる立場にいさせてもらえることになりました。いままでヨット部の活動からもらったたくさんのことやたくさん迷惑をかけてしまった分を返せるよう、みんながヨット部での活動を楽しめるように、最後にみんなで心から笑って終わることができるようにできる限りサポートさせてもらいたいと思います。

最後になりましたが、一緒に楽しんだり競い合ったりした同期・後輩、ヨットの楽しみなど様々なことを教えてくださった先輩方、目に見えにくい面も含めいろいろな面で活動を支えてくださり、自由に楽しめるような環境を与えてくださった監督、コーチ、OB、様々な関係者の方々のおかげで本当に幸せな4年間のヨット部生活を送ることができました。

4年間本当にありがとうございました。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2021 Kyoto University Yacht Club