京大ヨット部を引退して #4



いつもお世話になっております。85代でスナイプスキッパーを務めました、福矢一貴です。11月をもって85代は代交代となったので引退の挨拶をさせていただきます。


まずはじめに、85代の活動を支えてくださった、監督、コーチ、OB,OGの方々をはじめとする全ての京大ヨット部の関係者の皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。


振り返ってみると、京大ヨット部に入部してから引退するまでの4年間は終わってみるとあっという間でした。4年間、多くのお金や時間を犠牲にして、またしんどいこともある練習に耐え、ヨット部として活動して来れたのは、ヨットが楽しいだけじゃなく、京大ヨット部というチームで活動することが楽しかったからだと思います。


最後の年はコロナのせいで練習できない期間が長く続き、練習できない間はモチベーションをうまく保つことができませんでした。それでも、練習再開後はスナイプで優勝することを目標にして練習を頑張ってきたつもりでした。しかし、結果は13位という目標とは程遠いものになってしまいました。インカレ団体戦が終わってしばらく経ちますが未だに、練習できない間にもっとできることがあったのでは?とか、練習再開後の練習でもっとチームに貢献できたことがあったのではないか?とか、そもそもコロナがなかったらどうなっていたんだろう、などといろいろ考えてしまいます。


次の1年間も以前のようには練習できない日々が続くと思われます。後輩たちにはこの逆境に負けず、1回1回の練習を大切にして、頑張ってほしいです。応援しています。


4年間京大ヨット部で自分が楽しく活動できたのは、素晴らしい先輩方、後輩たち、そして同期がいてくれたおかげです。ありがとうございました。これからは、一人のOBとして京大ヨット部の発展を願っています。


今までありがとうございました。

特集記事
最新記事