November 27, 2018

インカレを終えて

83代で主将を務めていました小塩浩人です。
先日のインカレをもって4年間の現役ヨット部生活が終了しました。それと同時に小学校4年生から続いた12年間の部活動生活にも区切りが付きました。

ヨット部生活4年間の集大成として迎えた全日本インカレ。
開会式から閉会式までの5日間は本当にあっという間で終わってからもあんまり余韻に浸る暇なんてなかったような感じがします。

そんな最後の全日本インカレで良い意味でも悪い意味でも最も印象に残っている日が2日目(4R~7Rが行われた日)でした。

前日までのスコアは470が12位、スナイプ6...

November 22, 2018

昨年度スナイプチームリーダーを務めました青木です。

はやいもので、全日本インカレが終わってから2週間が経過しました。引退して日がたつごとに、心に余裕のある日々を取り戻しつつあり、現役時代に感じていたリーダーとしての責任・重圧の大きさをいまさらながらに感じています。

幹部になって、総合入賞という目標を決めたときから、チームリーダーとして、目標を達成することにとらわれ続けてきたような気がします。副将という肩書を持ちながら、実際にはスナイプのことばかりを考えていました。

総合入賞するために、自分ができることは、スナイプチームを強くすること...

November 21, 2018


こんにちは、4回生470クルーの江澤です。今回は「最後のインカレを終えて」というテーマで書かせていただきます。前回私が執筆したテーマブログに「時期的にもこれでブログを書くのも最後かな」という風に書きましたが、まさかもう一回書くことになるとは…。いえいえ、このテーマこそ本当のラストにふさわしいですね。担当者さん、御見逸れしました。

さて、先日行われたインカレの結果については、スナイプチームが準優勝という成績を残し、随所にも取り上げられていましたので、ご存知の方も多いかと思います。その盛り上がりの裏で470チームの結果は振るわず、挙げ句...

November 20, 2018

こんにちは。4回生マネージャーの矢後です。
最後のブログとなってしまい寂しさを感じます。

私は京大ヨット部の第83代マネージャーリーダーを務めました。
マネージャーリーダーとして臨んだ「最後のインカレ」は、個人的には散々なものでした。インカレ前の遠征で右足の薬指を骨折していたところから始まり、当日は私の全てが綴ってある大事な部活ノートを忘れ、開会式閉会式で着るウィンブレも忘れました。こんな小さなことはどうでも良いのですが、レスキューボートの運転も上手くできず迷惑をかけたし、最終日に至っては朝の準備で「指示だして」と同期をイライラさせる始末...

November 19, 2018

4回生マネージャーの藤谷です。
先日全日本インカレを終えたばかりで、まだ引退した実感はないですが、当たり前だった週末の予定がなくなり、何かぽっかりと失った感じがしています。

インカレ最終日、スナイプが準優勝という好成績を出し、私はとても嬉しく表彰台に登るプレーヤーを見て感動し、満足していました。しかし、日を追うごとに目標としていた「総合入賞」を果たせなかったことが悔しくてたまりません。インカレ3日目まで良い成績を残してくれていて、なんやかんや総合入賞できるのではないかと思った瞬間がありました。今思えばその緩んだ一瞬を悔やみます。
決して私...

November 16, 2018


4回生470クルーの関です。

全日本インカレが終わってしばらく経ちますが、クラス15位という結果は今でも受け入れるのが難しく、何度思い出しても悔しい気持ちでいっぱいになります。4年間一緒に頑張ってきたスナイプチームが全国の強豪を圧倒するレースを繰り広げ、優勝まであと一歩の成績を収めたことを考えると、彼らの姿はあまりに大きく、遠いものに見えてしまいます。


最終レースが終わった後、総合入賞に届かなかった現実を理解しながらただ呆然とハーバーに向かいました。着艇し解装をしていると、スナイプチームの中川が近づいてきてただ一言「お疲れ」と声をかけて...

November 15, 2018

こんにちは。4回生マネージャーの齋藤です。ブログ「最後のインカレを終えて」について拙文ながら書かせていただきます。

先日インカレを終えついに引退したのですが、長くも短くも感じられるこの4年間でたくさんの貴重な経験や成長、感動があったなととてもしみじみとした気持ちで日々過ごしています。
引退して寂しいけれど、これからの自由な時間が楽しみで、老後ってこんな感じなのかなと、私は今まさに第二の人生を歩み出そうとしている気分です。

いきなりですが、どんなマネージャーを目指していたかについて語らせていただきます。
すごく馬鹿みたいな例えなのですが、私は...

November 14, 2018

こんにちは。4回生スナイプクルーの加藤です。インカレを終えて、というテーマで率直な思いを述べていこうと思います。

インカレ期間中私はレスキュー船から交代メンバーとしてレース展開を見守っていました。交代の指示があればすぐに現場へと出ていく心づもりもしていました。しかし最後までその時は訪れませんでした。出番がなかったことは私にとっては非常に悔しいことです。成長することを怠り貴重な時間をただただ浪費していた過去の自分を恨めしく思いました。努力もしてこなかった人間が悔しがるというのも奇妙な話に思えますが、私が抱いた感情は悔しさと形容するのが一...

November 12, 2018

こんにちは。4回生マネージャーの和田桃香です。
蒲郡インカレが終わって気づけばもう引退とあっという間のヨット部生活でした。レスキューボートに乗ってヨットを追いかけ、50人分の食事を当たり前に作っていた日々。全日本インカレの舞台での景色。一生忘れない出来事に出会えました。

今回の全日本インカレでは、過去最高のサポートができたのではないかなと思います。閉会式の後に、OBの方が「サポートメンバーが丘でもよく動いていて俺らが見ていた強豪校の動きをしている」とおっしゃってくださいました。すごく嬉しい気持ちになったのと同時に、京大ヨット部のサポート...

November 12, 2018

4回生470クルーの吉田です。

ついに最後のインカレが終わりました。
最終日の着艇後ホースで船を洗っていると、横で九大の同期が涙を流して喜んでいる。クラス入賞したらしい。
僕も悔しさと申し訳なさで泣きそうだったが、泣いたら負けだと思ってぐっと堪えていた。


インカレが終わって数日が経ちます。未だに勝てなかった、目標を達成出来なかった悔しさでいっぱいです。
僕にとって最初で最後のインカレは本当にまったく走りませんでした。レガッタ中もずっと「こんなはずじゃない、もっと前を走れるはずだ」と考えていました。

正直今年の470チームは実力はあ...

Please reload

October 19, 2020

Please reload

最新記事

​カテゴリー

Please reload

アーカイブ

© 2020 Kyoto University Yacht Club