June 26, 2018

こんにちは、4回生470クルーの江澤です。今回のテーマは「思い出のレース」ということで、良くも悪くも一番記憶に残っているレースについて話します。しかし、これまでに出場したレース数が多く、これ書くにあたってずいぶんと悩みました。2回生の近北予選で走らなかったことや3回生のインカレ本戦でノーレースになったが1上を2位で回航したこと。書くネタは割とありましたが、悩んだ末に選んだレースは2016年全日本インカレ団体戦本戦第1レースです。

この日は朝から強風で、時刻どおりにレースがあるだろうということで、ハーバー内がピリピリしており、その中で...

June 25, 2018

こんにちは。ブログの回りが早いと感じながらペンを進めていますが、うまく思い出のレースを話していけたらと思います。飯島爽太です。
思い出のレース一つ目は、ご存知ダブチックレガッタです。ちょうど一年前、1回生のホッパー時代以来の1人乗りレーザーでレースするということでとてもわくわくしていました。さらに、インカレがかかったり、レギュラー争いがかかったりするレースではないエンジョイレースだったので、緊張やしがらみなくレースを楽しめました。その日はとても良い風が吹いていてフルハイクアウトで船を走らせ、波に乗り、風を肌で思い切り感じることができま...

June 22, 2018

2回生スナイプスキッパーの飯島森です。
思い出、というほど古い話では無いのですが、2018年4大戦第1レースが鮮烈に記憶に焼き付いていることは確かです。

この日はAP旗が降りたため出艇したものの、微風に悩まされて3時間以上沖で風待ちを強いられていました。そんな中で南西から入ってきたオンデッキ程度の風でレースは行われました。スタートは圧倒的下有利でスターボでスタートを切るのは困難と考え、空いているところからポートスタートをしました。クルーの金岩はグイグイとヘダーしていく風の中でひたすら右に伸ばしました。レイラインには乗らないもののその近く...

June 21, 2018

4回生スナイプの青木です。「思い出のレース」というテーマでブログを書かせていただきます。よろしくお願いします。

思い出のレースとして次のレースを挙げます。

2016年 琵琶湖セーリングチャンピオンシップ 第2レース

2回生の8月に行われたこのレガッタ。位置づけは団体戦予選に向けての最終選考レースでした。当時2回生だった僕は同じく2回生の中川とこのレガッタに向けてペアを組み始めました。中川と組む前、1個上の高木さんと3レガッタほど出させていただいていましたが、ボートスピードはあったにもかかわらず、レースで全く結果を出すことができず、苦...

Please reload

October 19, 2020

Please reload

最新記事

​カテゴリー

Please reload

アーカイブ

© 2020 Kyoto University Yacht Club